伊勢志摩鳥羽のトピックス

スマホ片手に江戸・明治の伊勢の町をタイムトリップ-三重県がアプリ開発

三重県は8月28日、タブレットPCやスマートフォンを使ったアプリケーション「伊勢ぶらり」の無料ダウンロードを開始した。
 iPhone、iPadやAndroid搭載端末で利用できる同アプリは、伊勢周辺の古地図や鳥瞰(ちょうかん)図などをGoogleMapsと連動させ、スマホなどのGPS機能を使い古地図上に現在地を表示できる「まち歩きアプリ」。「過去と現在を見比べながらまち歩きや歴史文化を知ることができる」(担当者)という。
 使用方法は、スマホなどで同アプリをダウンロードしアプリを開き、地図リストから好みの地図を選択すると、昔の伊勢周辺の地図が画面に現れる。GPS機能を使うことで、現在は存在しない世古(伊勢弁で「路地」)や建造物など、「今」と対比することができる。そのほか、画面上のアイコンを選択すると、昔の絵はがき33枚や文化資産、施設情報など158カ所の概要をポップアップで紹介する機能も付く。
 収録する古地図は、三重県所蔵の1861年「伊勢國細見図」、1919(大正8)年「初三郎参宮要覧伊勢名所図絵」、皇學館大学館史編さん室所蔵の1917(大正6)年「實地踏測 参宮案内地圖」、個人蔵1940(昭和15)年「伊勢神宮案内圖」の4枚。伊勢市教育委員会提供の2012年最新のイラストマップ「伊勢まるごと博物館絵図」も見ることができる。
 同アプリは、三重県環境生活部文化振興課が県所有の歴史的資料などを有効活用しようと、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所 連想情報学研究開発センター(東京都千代田区)との共同研究事業として、皇學館大学(伊勢市神田久志本町)の教職員や学生、伊勢市教育委員会と連携し、ATR Creative(京都府精華町)に依頼し完成させた。
 同課の匹田さんは「同アプリをダウンロードすれば、古い地図を持ち歩くことが可能となる。より一層まち歩きが楽しくなるのでは。新たな発見があるかも」と話す。「ほかの地域でも展開可能か、可能性を探りたい」とも。

伊勢ぶらりアプリダウンロード
「伊勢ぶらり」は「iPhone」「iPad」「iPodTouch」「Android搭載端末」で無料アプリをダウンロードしていただくことによりご利用いただけます。「AppStore」および「Google Play」から「伊勢ぶらり」で検索していただき、ダウンロードしてください。

iTunesのプレビューページはこちら    Google Playのプレビューページはこちら

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. カラー魚拓リアルに 紀北の山本さん初個展
  2. 田園に半世紀ぶり誘蛾灯復活 松阪
  3. バリアフリー観光県へ三重県知事「日本一を推進」
  4. 自分が指定した日時に予め指定したメールを自動送信してくれる無料サ…
  5. ゲンジボタルが描くアート 三重県熊野市・五郷
  6. 好天下、各地にぎわう 正月三が日
  7. 養殖アオサの収穫ピーク 英虞湾、的矢湾
  8. イノシシだぁ~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com