伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢志摩産アオサノリを使ったオリジナルシーフードピザ-志摩スペイン村

志摩スペイン村パルケエスパーニャ(志摩市磯部町、TEL 0599-57-3333)内のエスパーニャ通りにあるピザ店「ピッツェリア ピザ ロハ」で3月1日から提供を始めた伊勢志摩産アオサノリを使ったシーフードピザが人気を集めている。

 人気のピザは、同パークの周囲の海でも生産されているアオサを使用し、ペースト状にしたソースを直径20センチのピザクラフトに塗り、エビやイカ、アサリ、トマト、チーズなどを乗せオーブンで焼き上げたもの。「ガーリックオイルの香り豊かなシーフードと地場産アオサノリを使ったオリジナルソースがマッチングした春限定のピッツァ」と同パーク営業部の上田修平さん。

 三重県のアオサの生産量は、全国1位で市場の約7割を占めるほど。志摩市では2008年からアオサの消費拡大と安定生産を目的に「あおさプロジェクト」を立ち上げ成果を上げている。ゆるキャラの「あおサ~」も同プロジェクトから生まれ、各種イベントにも引っ張りだこだ。

 上田さんは「隣のスーベニアショップ『アスタ ラ ビスタ』では、関連商品の『松阪牛入りのりピザ』瓶入り(110グラム、530円)、スティックタイプ(18グラム×5本、320円)もよく売れている」とも。

 「地場産あおさのりのシーフードピザ」の価格は700円。ドリンクと、ハッシュドポテトまたはサラダがセットになると1,050円。

 新ライドアトラクション「フェリスクルーズ」や子どもたちが噴水で遊べる「チャプチャプラグーン」、トラディショナルとモダンのフラメンコを融合させた「フラメンコショー」などを新しくしたばかりの同パーク。「14時以降の入園が半額以下になる「アフタヌーンパスポートも好評」(同パーク広報担当者)だという。

入園料パスポートチケットのみで、
大人=4,800円
シニア(60歳以上)=2,800円
中人(中学・高校生)=3,800円
小人(幼児・小学生)=3,200円

「アフタヌーンパスポート」
大人=2,000円
シニア=1,000円
中・小人=1,000円

営業時間
3月16日~4月7日=9時30分~18時
4月8日~26日、5月7日~6月23日=9時30分~17時
4月27日~5月2日、6日=9時~20時
5月3日~5日=9時~21時

伊勢志摩経済新聞より

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 海外の院生、伝統建築見学 伊勢で現地研修 みそ製造所や御師の家
  2. 大王・大慈寺の「てんれい桜」がつぼみ
  3. 出来たて伊勢醤油 内宮に奉納
  4. パールブリッジ(志摩大橋)
  5. 三重県内関係者「死活問題だ」 ニホンウナギ、絶滅危惧種に
  6. 松尾 延命子安地蔵 毎月二十四日は縁日 会式は1月24日、8月2…
  7. 鳥羽 アサギマダラ、神島に飛来
  8. 鳥羽、嘉隆まつり 市民ら甲冑姿で闊歩 武者行列にぎわう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP