伊勢志摩鳥羽のトピックス

古式装束、男女一列に 伊勢で神田御田植初


昔ながらの装束を身に付け、田植えをする保存会員=伊勢市楠部町の神宮神田で
写真=中日新聞

三重県伊勢市楠部町の神宮神田で10日、伊勢神宮の祭典で供える米の苗を植え始める行事「神田御田植初(おたうえはじめ)」があった。
起源は不明だが、鎌倉時代には行われていたとされる。現在は地元住民でつくる保存会が伝統を受け継ぎ、県無形民俗文化財にも指定されている。
神田に笛や太鼓のにぎやかな音が響く中、烏帽子(えぼし)やすげがさ、古式の装束姿の男女20人が8.6アールの水田に入り、一列になって苗を植えていった。
田植え後は、会員が扇でイナゴを払うしぐさや、2本の大きなうちわを重ね合わせて水田内を回る「団扇合(うちわあわせ)」をした。神田では今後、計3ヘクタールに苗を植え、9月初旬の抜穂祭(ぬいぼさい)で稲の刈り取りが始まる。米は秋の実りに感謝する10月の神嘗祭(かんなめさい)などの祭典で神前に供えられる。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 記念貨幣に熊野古道 きょうから造幣局が通信販売
  2. isesinbun 真珠の光沢を数値化 県水産研究所が成功 志摩で養殖技術の報告会
  3. アオリイカの産卵床にヒノキ利用 三重県、尾鷲小児童が手作り体験
  4. 三重県南伊勢町「土実樹(つみき)」今年は大成功!!パッションフル…
  5. 三重ブランド 天然とらふぐ《あのりふぐ》がメチャクチャ美味しい季…
  6. isesinbun 遷宮年、首都圏誘客に力 知事、県ゆかり省庁関係者にPR
  7. 「絶対無理」と言われたアナゴ養殖に成功-伊勢・明和町の漁師が専門…
  8. 伊勢志摩へ豪華鉄道の旅・観光特急しまかぜ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com