伊勢志摩鳥羽のトピックス

山崎豊子さん死去:小説執筆で滞在、使用の机を保存−−三重・志摩観光ホテル

陽(ひ)が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞(あご)湾に
華麗な黄昏(たそがれ)が訪れる」--。
銀行合併を題材にした小説「華麗なる一族」は、三重県志摩市にある
英虞湾の夕暮れの描写で始まる。
この小説に登場する老舗ホテル「志摩観光ホテル」に山崎さんは、
執筆のためたびたび滞在。
山崎さんが使った机は今もホテルに保存され、時おり宿泊客らに公開される。
「華麗なる一族」が1974年に映画化された際には同ホテルでもロケが行われ、
従業員がエキストラとして参加した。
山崎さんは同ホテルが開業30周年を迎えた81年、
「わが作品のふるさと」と題した文章を社報に寄せた。
そこには、「華麗なる一族」の冒頭を書こうとしたが、
夕日が沈む英虞湾の美しさをすぐに文字にすることができなかったことなどが
つづられていた。
ソース(毎日.jp)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. バリアフリー観光県へ三重県知事「日本一を推進」
  2. 伊勢・宇治山田ターミナル跡地 市、借地料1230万円計上
  3. 伊勢志摩の隠れ宿 桧扇荘-三大味覚・海鮮会席プラン
  4. ビーバー赤ちゃん4頭誕生 鳥羽水族館
  5. 伊勢たくあんの林商店
  6. 三重のおきて ミエを楽しむための48のおきて
  7. 志摩に近鉄初のメガソーラー スペイン村で発電開始
  8. 宮川ダム湖定期船復活へ 10年ぶり安全祈願祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP