伊勢志摩鳥羽のトピックス

庶民も救う巡礼道 国際熊野学会 「伊勢路」研究を発表

国際熊野学会(林雅彦代表)の本年度大会が二十二日、紀北町紀伊長島区東長島の
東長島公民館で始まった。
今回のテーマは「伊勢路の観音信仰と巡礼」で、会員や地元住民ら約五十人が、
有識者五人による基調講演やセミナー、研究発表などに熱心に耳を傾けた。
みえ熊野学研究会の小倉肇運営委員長が「観音信仰の道・伊勢路について」と
題して基調講演。
後白河法皇が編集したとされる歌謡集「梁塵秘抄」中の一節
「熊野に参るには 紀路と伊勢路のどれ近し どれ遠し 広大慈悲の道なれば 
紀路も伊勢路も遠からず」を挙げ、平安末期には熊野詣でのルートとして西の紀路、
東の伊勢路が庶民に広く知られていたと紹介した。
不安定な世の中で、皇族や貴族だけでなく庶民が救いを求めて巡礼に訪れた
熊野の地を「全ての人を救う土地」とし、沿線に残されている数多くの観音が
救いや伝説のシンボルだったことを説明した。
小倉運営委員長は「大自然の中で全ての人らの苦悩を受け入れる神仏の魂が
存在する聖地とされていたため、熊野は日本の原郷とも言われる。
霊魂と現世に生きる人らの魂が交流している可能性を実感できる風土を守りたい」と
述べた。
基調講演後には、熊野古道での巡礼や交流に関する有識者らのセミナーや
研究発表もあった。
大会最終日の二十三日は、「観音の里・赤羽を歩く」と題した町内の現地見学会を
開き、赤羽神社や泉福寺梵鐘(ぼんしょう)、聖観音像など、熊野古道ゆかりの
場所や遺産を見て回る。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 2015JVAビーチバレーボールシリーズA 志摩大会
  2. 鳥羽題材の演歌に振り付け 舞踊指導者・斎藤さん考案
  3. 石畳の熊野古道を散策 皇太子さま、道に興味
  4. 伊勢で運行する電気バス公開 三重交通
  5. 記念Tシャツ、2日から販売 神宮奉納花火実行委
  6. この業界の第一人者、山口裕一郎さんが中国個人輸入のセミナーを開催…
  7. シラス干し:コウナゴ漁解禁で始まる−−伊勢 /三重
  8. 三重県よりの情報です。平成24年観光レクリエーション入込客数推計…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP