伊勢志摩鳥羽のトピックス

日本初か?ボイルした伊勢エビの常温保存-鳥羽の水産会社が開発

カルピス入りのつくだ煮などのオリジナル水産食品を製造販売する
鳥羽の「松村水産」(鳥羽市畔蛸町)が6月から、ボイルした伊勢エビを常温保存した
商品「奉祝 伊勢海老」の販売を始める。

1971(昭和46)年創業、伊勢志摩の新鮮な魚介類を販売するほか、
土産物店「鳥羽海鮮市場 海の駅 黒潮」パールロード店(浦村町)、
相差(おうさつ)店(畔蛸町)や和食店「黒潮ダイニング 花」(伊勢市御薗町)などを
展開する。
4年前から加工食品の製造販売にも力を入れ、「カルピス入りつくだ煮」がヒット商品となり
多くのメディアでも取り上げられた。
新商品は、330グラム前後の伊勢エビを尾鷲の海洋深層水だけでボイルしたものを
半分に切り、ペットボトルと同じ素材の袋に真空パックし加熱殺菌。
オリジナル手作りのウニクリームソースとアオサクリームソースの2種類を付け
桐箱に入れた。
4月20日には伊勢神宮外宮へ奉納を行い、完成を祝った。
同社の松村原宏総括部長は
「完成まで長かった。試作に伊勢エビを100キロ以上は使ったかも(汗)。
ボイルして長時間保存しても伊勢エビの身が崩れないこと。
プリプリ感を出すことなどおいしく食べていただけるようにこだわった。
常温保存できる伊勢エビは今のところ調べても見つからないから日本初かも」と話す。
「伊勢エビを袋に詰めると堅いとげが袋を突き破り漏れてしまうため、
大きなとげについてはハサミで切り取る手間も惜しまない」と松村さん。
「お客さまから、伊勢エビの生を贈っても相手先に料理をするのが大変だろうと
購入を断念する人が多く、その問題を解消できないかと味と食感を損ねず
仕上げることだけに注力した」という。
価格は8,400円。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 鳥羽水族館 イッカクの角にタッチ 3メートルの標本展示
  2. 鳥羽の旅館「錦海楼(きんかいろう)」ポンパレにて半額を更にお得に…
  3. アイゴの干物
  4. ゴマフアザラシに赤ちゃん 二見シーパラダイス
  5. ハートの切り株、伊勢神宮の別宮「月読宮」の杜に-女性参拝者に人気…
  6. 松阪鶏焼き肉隊、独自みそだれ試作中
  7. 「DASH 0円食堂 ~三重県~」放送のお知らせ
  8. タコに寄生虫 新種2種発見 紀伊長島沖、水深300メートルで採集…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP