伊勢志摩鳥羽のトピックス

海女の魔よけ呪符 「なくても気にならず」 世代間で意識の違い

県無形民俗文化財の海女漁について、県教育委員会は二十一日、志摩庁舎で本年度の海女習俗調査結果を発表した。海女漁の民間信仰に世代間で意識の違いがあることや、潜水時間の平均値などを報告した。調査は平成二十二年度から始まり、本年度で終了する。

 県教委は本年度、鳥羽市内六地区と志摩市内六地区の三十―八十歳代の海女約五十人に聞き取り調査を実施。海女の技術伝承や海女小屋での過ごし方、漁場、潜水漁を始めた動機など十七項目を調査した。

 調査結果によると、漁の安全を願って身に着ける魔よけの呪符「ドーマン」と「セーマン」について、六十―七十歳代の海女が使用にこだわっているのに対し、三十―四十歳代の海女は「呪符を身に着ける意味を知らないので、なくても気にならない」と話し、世代間の意識の違いが浮き彫りになったという。また海女の潜水時間は、五十秒前後とする回答が多かったと説明した。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 海女さんたちの志摩弁が飛び交うGWまっさかり志摩の市場
  2. 養殖ロープに絡まったクジラ、漁協職員らが救助
  3. ダイニングを一新、伊勢志摩の旬を提供 戸田家/三重
  4. 旬なお魚、離乳食に 紀北の会社、加工・配送へ
  5. 伊勢湾フェリー目標35万人達成
  6. 「御食つ国・志摩」年末海族市 in 志摩市波切漁港魚市場
  7. 「DASH 0円食堂 ~三重県~」放送のお知らせ
  8. 鳥羽の旅館「錦海楼(きんかいろう)」ポンパレにて半額を更にお得に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP