伊勢志摩鳥羽のトピックス

馬越峠の巡礼を石人形で 三重県、紀北の西村さん制作


石を組み合わせて表現した熊野古道=紀北町海山郷土資料館で
写真=中日新聞

紀北町と尾鷲市をつなぐ熊野古道馬越峠を題材に小石を組み合わせて巡礼者や石畳を表現したジオラマが、同町海山区中里の海山郷土資料館にお目見えした。同区上里の東紀州まちかど博物館「小石の人形博物館」の西村悠紀子館長(69)が制作した。古道の世界遺産登録十周年を記念し、二十八日まで展示する。
 西村さんは、家族が経営する料理店を手伝いながら、十五年ほど前から趣味で石を使った人形を作り続けている。これまでに農村の人や釣り人を表現した人形や政治家の顔に似せた作品などを仕上げ、自宅の博物館で計百点を展示している。
 ジオラマは、小石を紙粘土に埋めて作った石畳の上を五十三体の人形の旅人が歩いている姿を表現。幅三メートル、奥行き三十センチの作品が二つあり、それぞれ戦前と現代の古道の風景を表している。


西村悠紀子さん 写真=中日新聞

人形に着色はせず、髪の毛や目鼻などをすべて石や砂粒の組み合わせだけで作るのがこだわり。茶色の石を戦前の巡礼者のかさや着物に見立てるなどの工夫を凝らし、自宅近くの山で採集したコケやヒノキの葉で峠道の周りを飾り付けた。
 作品の大部分は古道が世界遺産に登録された直後に作ったが、スペースに限りがある博物館では一部を取り外して小さなサイズで展示していた。
 ジオラマを見た人の多くがほかの古道ではなく馬越峠を連想するといい、西村さんは「馬越峠らしい美しい石畳が表現できたみたい」と喜ぶ。「石の形や模様に注目して作品を眺め、峠を歩いている気分を味わってほしい」と話している。
 馬越峠のジオラマのほか、地元の民話に登場する人物、種まき権兵衛などを表現した作品四点も展示している。海山郷土資料館は月曜休館。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩市民の「恋チュン」撮影進む 4月配信
  2. コンビニとパンなど共同開発 宇治山田商高生
  3. パールブリッジ(志摩大橋)
  4. 「みえセレクション」第2弾を認定 大都市圏で販路拡大
  5. 三重県明和町 数十年に一度 ササ開花
  6. 志摩市観光協会と元事務局長和解
  7. ヘビの巨大絵馬登場 伊勢・高羽江社
  8. chunuchisinbun アカモク使った魚肉団子 学校給食にいかが

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com