伊勢志摩鳥羽のトピックス

3200人が心地よい汗 三重・伊勢志摩ツーデーウオーク

■焼き貝と絶景を堪能
風光明媚な志摩半島を巡る「第4回伊勢志摩ツーデーウオーク」(実行委員会主催、産経新聞社など共催、近畿日本鉄道、三井不動産グループ、イオン特別協賛、アサヒビール、伊藤園、三井住友海上火災保険協賛)は最終日の25日も天候に恵まれ、参加者が志摩市内の景勝地を訪ね心地よい汗を流した。参加者は2日間で約3200人に達し、志摩のリアス式海岸が織りなす絶景と地元ボランティアの温かいもてなしを思い出にした。
同市阿児町の志摩マリンランド前の特設会場から、大王埼灯台などを巡る30キロコースから順に21キロ、12キロ、6キロの4つのコースに次々と参加者がスタート。近くの賢島港では、英虞湾を渡り対岸の志摩地中海村から合歓の郷に向かう6キロコースの参加者らのため臨時に遊覧船を運行した。家族連れらに交じり、ポップロックバンド「めるへん堂」の広瀬隆さんもウオークの参加者として乗船し、ゴールの合歓の郷でスペシャルライブを開催、ファンらの声援を受けた。滋賀県草津市から訪れた元会社員の高田繁則さん(62)は「食材が新鮮で抱負。歩いて船にも乗って大自然を身体いっぱいに楽しめる」と話していた。
一方、12キロコースの参加者は、横山展望台で真珠養殖で名高い英虞湾を見渡して一息入れ、麓の山小屋で地元のボランティアから焼き貝とアオサ汁を振る舞われ、疲れを癒やした。
ツーデーウオークは、参加者の健康増進とスポーツツーリズムを通じた観光客誘致を目指す市などでつくる実行委員会が平成23年から開催。実行委はコースにある国の登録有形文化財、安乗埼灯台と大王埼灯台のイラストをあしらったスポーツタオルや大会バッジを参加者に贈った。
ソース(MSN産経ニュース)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「カップルで鳴らして」 志摩・渡鹿野島に新スポット ハート型の鐘…
  2. きんこ焼酎 志州隼人
  3. パールブリッジ(志摩大橋)
  4. 御座白浜HAPPY♪ 中日新聞へ掲載されました♪
  5. 国道42号沿いでミカン販売 尾鷲の西村さん、交通減の中奮闘
  6. 光るキノコ観察しよう 6月21日、熊野少年自然の家
  7. ダイニングを一新、伊勢志摩の旬を提供 戸田家/三重
  8. 志摩に高さ13メートルのツリー登場-10万球のLEDの光で街を元…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com