関東地区での物産展開催情報

28日開業「三重テラス」に県産組子

三重県が首都圏での情報発信や観光誘客、産品の販売を強化するために
東京・日本橋に二十八日オープンさせる「三重テラス」に取り付けるため、
県内の建具職人が腕によりを掛けて作ってきた照明器具にあしらう組子の
飾りが出来上がり、テラスに送られた。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=中日新聞
照明器具の組子の飾りを作る建具職人たち=いなべ市藤原町で

伝統的な技をPRしようと、県が県建具工業協同組合に依頼した。
組子の飾りは一枚が長さ一・二メートル、縦五十センチで、天井の二カ所にある
照明器具の四方を囲う。
「麻の葉」の模様を、「花」と呼ばれる木片三千枚を一つ一つ手で
組み合わせて仕上げた。
津や四日市、いなべ市など組合の県内七支部の職人三十七人がリレー形式で
作業を進めた。
長野政次理事長(60)は「仕事が忙しく、夜通し製作に当たった職人もいた」と
振り返る。
限られた予算だったが、材料は県内産を使い、伊勢神宮の内宮で伐採された
「神宮杉」も一部に使用した。
発送を終えた長野理事長は「三重の職人の技術を東京の人たちに見てほしいね」と
話した。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 東京都・日本橋で、伊勢神宮に奉納した「伊勢醤油」を無料配布を実施…
  2. 「三重フェア」(三重県物産展 in 伊勢丹浦和店)
  3. ご当地!絶品うまいもん甲子園商品化決定! 空弁「伊な勢丼」
  4. 東京国立博物館「大神社展」 三重県産食材を使ったメニューの提供

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP