伊勢神宮式年遷宮

伊勢 篠島から御幣鯛船 内宮に干鯛奉納

伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)に供える干鯛(ひだい)を載せた
「御幣鯛(おんべだい)船」が十日朝、愛知県知多郡南知多町の篠島から、
伊勢湾を渡って伊勢市神社港に到着した。船を歓迎する式典が港で開かれた。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=伊勢新聞
【港に到着した御幣鯛船=伊勢市の海上で】

雨の中、「太一御用」と書かれたのぼりと大漁旗を掲げた船六隻が入港し、
篠島漁協関係者約三十人が到着。
干鯛を入れた唐ひつを運び出した。
港では、地元住民約百五十人が出迎え、地元の子どもらが、
威勢良い木遣(や)り歌で歓迎した。

式典では、同漁協の吉戸一紀組合長(72)が、
「行事を通して皆さんとの絆が深まり、篠島と神宮の関わりが広く知られるように
なってうれしい」とあいさつ。 
式典後、一行は、奉納のため伊勢神宮内宮へ向かった。

神宮領だった篠島では、神宮の神嘗祭などのため古来、干鯛を奉納してきた。
御幣鯛船での輸送は、一時は途絶えていたが、平成十年に復活。
以来毎年、十月に奉納しているが、今年は遷宮の時期と重なるため、
一カ月早まった。
神嘗祭に向け、百六十枚の干鯛を奉納する。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 最新ガイドブック「いま行く!伊勢神宮お参りパーフェクトブック」
  2. 伊勢神宮の新社殿で「洗清」 神様の引っ越し控え
  3. いざ伊勢神宮へ! 豊受大神宮 外宮(げくう)
  4. 伊勢神宮で福島の稚児田楽を奉納 式年遷宮終えた内宮で
  5. 伊勢市 神宮参拝者数、過去最高に 年間予測、1330万に上方修正…
  6. 伊勢 神体納める器、新正殿に 内宮で御船代奉納式
  7. 伊勢 「初穂船」が浸水式 遷宮機に造り替え
  8. 熊野・徳司神社で13日夜「遷御の儀」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP