伊勢神宮式年遷宮

外宮でも奉幣や大御饌 全ての諸祭事終わる 御神楽最後に

二十年に一度の伊勢神宮の大祭、
第六十二回神宮式年遷宮は六日、
伊勢神宮外宮で、天皇陛下が神に奉られる
絹の布「幣帛(へいはく)」を新たな正宮に納める
「奉幣(ほうへい)」などの儀式が執り行われた。
宮内庁楽師らの御神楽(みかぐら)を最後とし、
内宮に続いて全ての諸祭行事を終えた。
午前十時ごろに始まり、陛下のお使いの勅使と
池田厚子祭主以下神職約五十人が奉仕した。
参道からは、幣帛を入れた二つの箱を台に載せて
運んだり、勅使や祭主らがサカキの枝の
太玉串(ふとたまぐし)を両手に持って
歩く姿が見られた。
参拝の時間帯で沿道は人だかりとなった。
正宮では皇族代表として秋篠宮さまが見守られた。
一方、御神楽は人けのない夜に営まれ、
勅使と黒田清子臨時祭主以下神職ら、
宮内庁の楽師十二人が、
たいまつの火に導かれて進んだ。
正宮内の四丈殿で、
遷宮奉祝と国家安寧の祈りを込めた
雅楽の舞と音色を夜が更けるまで演じた。
同日中に大御饌(おおみけ)、
古物渡(こもつわたし)、
御神楽御饌の三つの儀式も滞りなく済み、
今月一日から六日連続となった内宮外宮の
「遷宮祭」が完了した。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 今年の伊勢神宮、記録更新 参拝者1000万人超え
  2. 三重県・伊勢神宮へは近鉄観光特急「しまかぜ」で – …
  3. 石橋&三村、木梨&大竹が初ヒッチハイクで伊勢神宮目指す
  4. 東京まで500キロ走破へ 塚田さんが内宮出発 13日到着目指す
  5. 伊勢 内宮で神嘗祭 遷御の儀後、初
  6. にほん風景遺産~式年遷宮の伊勢 メ~テレ23日放送
  7. [伊勢神宮]式年遷宮プロモーションビデオ
  8. 伊勢 新正宮に奉納品 遷御一夜明け儀式続く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com