伊勢神宮式年遷宮

秋の行楽に「伊勢・出雲」に行く人へ! 旅の魅力が倍増するオススメのガイドブック3冊

今年は出雲大社が約60年ぶり、伊勢神宮で20年ぶりの遷宮
(神社の正殿を造営・修理する際や、 正殿を新たに建てた場合に、
御神体をうつすこと)。
良縁を結ぶパワースポットとして名高い出雲大社と、
スピリチュアルなエネルギーがあるとして人気の伊勢神宮は、
女性の参拝客も増えているのだとか。

そんな出雲大社と伊勢神宮に、これからの紅葉のシーズンに
訪れる人も多いのでは? 
出雲大社は、他の地域が神無月と言われている旧暦10月(11月)に
神様が集まる神在月となるし、伊勢神宮は10月1日~6日に遷宮の
クライマックスを迎えるので、これからがベストシーズン。

出雲、伊勢の魅力がたっぷり伝わるガイドブックを紹介します!
■松尾たいこ絵・文『伊勢ISEで幸せ開き』『出雲IZUMOで幸せ結び』

旅行に行くときに、最近は「見所もすべてネットで調べるから」と、
ガイドブックを買わない人も多いのでは? 
そんなガイドブック不要派にもぜひお勧めしたいのが、
イラストレーターである松尾たいこさんの
『伊勢ISEで幸せ開き』『出雲IZUMOで幸せ結び』
こちらのガイドブック、観光地がすべて写真ではなくイラストで
表現されているのです。
ページいっぱいに描かれたイラストや、やさしい話し言葉で
まとめられた「神話の話」コラム、松尾さんの感想が含まれた
見所やお土産物の解説など、読み物としても楽しめる要素がいっぱい。
今の時代、写真を見たければ手元のスマホでgoogle画像検索をすれば、
写真はすぐに見られます。
地図だってスマホで位置情報付きでわかっちゃう。
でも、アーティストが、そこから何を感じたのかを知ることは、
スマホじゃ絶対にできないこと。
松尾さんの感性が詰まったこのガイドブックならば、
旅が一段と楽しくなるはず。
特に一人で伊勢、出雲に行く人には、松尾たいこさんと一緒に旅を
しているような気持ちになることができるのでオススメです。

伊勢ISEで幸せ開き


出雲IZUMOで幸せ結び

ソース(Pouch)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢神宮の新社殿で「洗清」 神様の引っ越し控え
  2. [伊勢神宮]式年遷宮プロモーションビデオ
  3. 神宮の殿舎、神職ら水拭き 内宮で「洗清」
  4. 伊勢市 神宮参拝者数、過去最高に 年間予測、1330万に上方修正…
  5. 鳥羽の答志島旅館組合 海の幸、神宮に奉納 豊漁と繁栄を願う
  6. 1300年の歴史で初めて! 伊勢神宮の式年遷宮に「フラ」を奉納
  7. にほん風景遺産~式年遷宮の伊勢 メ~テレ23日放送
  8. 9.11きっかけで伊勢神宮に通い続けた写真家・稲田美織さんが写真…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP