ブログ記事

しろんご祭・海女よりカメラマンが多い海女の祭・三重県鳥羽市菅島町

youtube

三重県鳥羽市の菅島で受け継がれている海女の伝統行事。毎年7月11日直近の土曜日にアワビのつがいを神前に奉納して海上の安全と大漁を祈願する。
古くは龍神「白ノ宮」(現在は菅島神社に合祀)の祭儀としてシロノゴさんと呼ばれた。
神域として一年を通じて禁漁区に指定されている白浜(通称「しろんご浜」)前の海を祭の当日に限って解禁し、島の海女たちに漁を許可する。
法螺貝の音色の合図で白い磯着姿の海女たちが一斉に海に潜ってアワビの初獲りを競い合う。
この間、沖では色鮮やかな大漁旗をなびかせた漁船団がパレードを行って祭りに華を添える。
最初に雌雄つがいのアワビ(=まねき鮑)を獲った海女がその年の海女頭となり、次の祭までの一年間島で尊敬を集める。
まねき鮑は白浜背後の丘上に鎮座する白鬚神社(菅島神社の境外社)に奉納され、一年の豊漁および海での無事安全が祈願される。
約一時間の潜水中に獲られたアワビ、サザエなどは漁協によって買い取られ、それぞれ重量に応じた報酬が海女に支払われる。
当日、浜ではアワビ、サザエの直売や名物サザエごはんの販売のほか、海鮮鍋のふるまいなどがあり、島内外からの観光客で賑わう。

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩では本当はそこまで食べない伊勢うどん
  2. 的矢湾メガソーラーパネル建設を強行に工事着工するジースリーホール…
  3. isesinbun 紀北町 燈籠の製作始まる 7月27日の祭り向け
  4. 「新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる三重県への来県延期協力…
  5. 糀を使ったなめらかぷりんの専門店『糀ぷりん本舗』が 伊勢神宮内宮…
  6. 今年も志摩市の「創造の森横山」で陽光桜が見頃を迎えています。
  7. 磯着姿海女100人、新幹線使い六本木ヒルズへ
  8. 闇に浮かぶ巨大折り鶴 紀北で燈籠祭

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com