志摩男ちゃん日記

「タバコを吸うと肺がんになる」論のからくりを明かす

◆“タバコを吸うと肺がんになる”は大ウソ!

国内で禁煙運動が始まった’90年頃の男性について見ると、
喫煙者の数は約3000万人。
一方、肺がん死の数は5万人にも満たない。喫煙者のうちの
肺がん死率は0.1%程度なのです。
長期的な喫煙と肺がんの関係性を示すには本来、喫煙者全体で
見なければいけません。
しかし、タバコ有害論者たちは、0.1%の肺がん死した喫煙者にばかり注目し、
肺がん死していない大半の喫煙者は無視しています。
また、現在の喫煙者率は20%程度ですが、肺がん死の割合は7~8%。
つまり約8万人へと増加しています。
さらに女性については、喫煙率が10%台と大きく変動していないのに、
肺がんはここ40年で5倍に増えています。
つまり、喫煙が肺がんの原因だとはいえないのです。喫煙によって肺がんに
なることを証明したデータは存在しません。
逆に、喫煙者のほうが非喫煙者より自殺者が少ないというデータや、
喫煙者のほうが風邪をひきにくいという統計データがあるほど。
私の調査では、喫煙者のほうが非喫煙者よりも「やや長寿」とさえいえます。
さらにタバコ有害論者たちは、女性のデータを抜きにして男性の
肺がん死ばかりを問題にする。
女性のデータを入れると、前述のようにタバコと肺がんが無関係であることが
一目瞭然だからでしょう。
また、もともと肺がんが多いアングロサクソン系のデータが中心で、
肺がんが少ないラテン系などのデータは用いない。
データの取り方自体が偏っているのです。
副流煙の有害性については、さらに根拠が不明です。
有名な「平山論文」(’82年)では詳細データを公表しておらず、信用に値しない。
調査対象者が数千万人なのに肺がんの例が200例程度では、
因果関係が特定できません。
例えば、20分おきに1本喫煙する人と6畳間で同居する人が1日に吸い込む
煙の量は、タバコ0.1本分相当。
一般的な毒物の科学でいえば、喫煙している本人に害があるかどうか
わからないレベルの、さらに100分の1程度です。これを「有害だ」と言うなら、
現在までの毒物科学をすべて修正しなければなりません。
現在、肺がん死は増えているのに、タバコ以外の原因があるという研究は
進んでいない。
タバコと肺がんを関連付けることに躍起になり、医師や研究者が肺がんで
多くの人を死なせているとさえいえるのではないでしょうか。

【武田邦彦氏】
東京大学を卒業後、旭化成工業、芝浦工業大学工学部教授を経て、現在、中部大学教授。著書に『早死にしたくなければ、タバコはやめない方が良い』『新聞・テレビは「データ」でウソをつく』など多数

取材・文・撮影/奥窪優木 後藤ひろし 藤倉善郎
― 狂気の[喫煙者狩り]に異議アリ【5】 ―
ソース(月刊SPA)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. コンセプトは“伊勢志摩の恵みあふれる『五感を潤す太陽と森のリゾー…
  2. きんこで作った幻の芋焼酎「志州隼人」-12月5日より発売
  3. 事業企画書書き方事例-物販店事業企画書<雑貨店新形態ショップ・基…
  4. 鳥羽水族館 ゴマフアザラシ 赤ちゃんが誕生
  5. 波乱万丈
  6. プライベートラベルライトを活かせ
  7. 我が家の魚
  8. それでも諦らめない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP