志摩男ちゃん日記

伊勢神宮の「式年遷宮」は、何故20年に1度おこなわれるのか

最近、「伊勢神宮」という言葉を見聞きする機会が多くはないでしょうか。
今年は20年に1度、伊勢神宮のご神体を新しい正殿に移す式年遷宮が行われるため、多方面で「伊勢神宮」が話題となっているのです。
遷宮では、すべての社殿を建て替えて、神様に新しいお宮にうつってもらうので、大掛かりな行事となります。
はじめて遷宮が行われたのは、なんと1300年前。様々な出来事がありましたが、今回で62回目となります。ではなぜ、「20年に1度」に行われるのでしょうか。
これについては、詳しい資料が残っていないのが現状。
しかし、信仰や技術を伝承するためという説があると、書籍『伊勢神宮めぐり歩き』のなかで紹介されています。
20年もたてば木材は多少痛んできますが、大急ぎで建て替える必要はありません。
まだまだ木材は使えるものばかりなので、伊勢にある他のお宮で使用するのです。
そして、その機会に宮大工が次世代に技術を残す、またとない機会となっているのです。
「宮大工は二十歳で入門し、四十歳で一人前、六十歳になれば棟梁で指導者です。
神宝の製作者も同様でしょう。
今でこそ人生八十年という時代ですが、日本人の平均寿命は戦前まで五十歳ほどでした。
千三百年も前はもっとずっと低かったでしょうから、
二十年というのは技術伝承を伝えることができる精一杯の年限だったのです」
他にも説がありますが、技術伝承のためだったとしたら、とても粋な仕組みですね。
建て替えだけが遷宮ではなく、神々の宝物や調度品も調進され、
それらもその時代の最高の作り手によっておさめられます。
神様の引越しだと思われがちな遷宮ですが、「文化の継承のためともいえる」と、
同書ではまとめられています。

伊勢神宮めぐり歩き

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 丸勢水産直営店 横丁まるせい!! 本日オープン♪
  2. 伊勢志摩へ豪華鉄道の旅・観光特急しまかぜ
  3. ガリポタを超えるか!?ガリガリ君から今度は「クレアおばさんのシチ…
  4. 神宮司庁人事
  5. 与謝野晶子
  6. 三重県志摩市で早場米の収穫始まる
  7. アクセス解析&広告効果測定システム【ムーブアクセス】
  8. じぇじぇっ! 海女さん守れ「存続危機」 高齢化で最盛期の1割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com