志摩男ちゃん日記

煎り大豆:「武四郎」来月から発売 「北海道」命名の探検家にちなみ

豆好きに注目 松阪の豆腐店、釧路の店と企画 /三重

「北海道」の命名者で探検家の松浦武四郎(1818~88年)にちなむ

煎り大豆「武四郎」が4月、松阪市と北海道などで発売されことになった。
 
企画は同市嬉野権現前町の豆腐販売店「野瀬商店」(野瀬岩朗代表)と、
北海道釧路市阿寒町の民芸品店「オイナモシリ」(八幡好洋代表)。
 
武四郎は豆好きで知られ、「東蝦夷日誌二編」の前文で
「文久3年の霜月中ごろ煎り豆を食いてしるし置く」と、豆をつまみながら
執筆したと書いているほか、臨終の際の家族の問いかけに
「何も欲しい物はないが、体が丈夫なら煎り豆をひと握りほど、
腹いっぱいに食べてみたい」と話したという
(吉田武三著「評伝松浦武四郎」)。
 
野瀬商店は01年、戦前に途絶えた地元の大豆「美里在来」を
営農組合に依頼して復活させており、武四郎の豆好きに注目した。

北海道中小企業家同友会からコラボ計画が舞い込み、
煎り豆80グラムを、八幡代表が考案したアイヌ模様入りの6色の
布製巾着袋に入れて販売することになった。

松阪市では松阪駅西口の「まつさか交流物産館」で売り出す。
1袋800円。
 
野瀬代表と、同友会の米木稔事務局長らが18日、
山中光茂市長に新商品30個をプレゼントした。
 
山中市長は「市民に武四郎をアピールするためにも、
販路を広げたい」と話した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130319-00000174-mailo-l24&pos=1

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重県内クチコミ総合評点4.5以上の宿をご紹介
  2. 壇蜜 ハァハァバスタオルセット[講談社]《08月予約※暫定》
  3. 往年の名車、伊勢路をパレード
  4. 「カツオのハラモ」
  5. twitterやFacebookの投稿を 新聞風にまとめてくれる…
  6. Start Menu 8
  7. 勉強や仕事中に自動でBGMを 流し続けてくれる無料ツール
  8. 伊勢神宮と出雲大社 遥かなる神社建築の源流を求めて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP