志摩男ちゃん日記

皇太子さま、豪雨被災者にねぎらいの言葉

宮川豪雨災害で亡くなった宮川村議鈴木一平さん=当時(68)=の
妻才枝子(さえこ)さん(77)は、皇太子さまから仮設住宅での生活へのねぎらいの
言葉を掛けられた。
「心からのお言葉で胸に染みた。生きてて良かった」。
皇太子さまの優しさに触れて目頭を押さえた。
周辺の見回りから帰ってきた一平さんは、自宅裏の様子を見に行ったときに
崩れてきた土砂にのみ込まれた。
しちりんでご飯を炊こうと母屋を離れた才枝子さんは無事だったが、
自分だけが生き残ったことに苦しんできた。
「私も一緒に行けばこんな思いをせんで済んだ」。
親戚や町の保健師や医師、仮設住宅があった上真手(かみまて)区の
住民らの支えで持ちこたえ、二月に喜寿を迎えた。 
「仮設住宅では大丈夫でしたか」「お体を大事にしてください」と皇太子さま。
「いろんなこと励ましてもらったで」。
墓前では前を向いた姿を見せようと思っている。

◆「みどりのつどい」出席 
紀北町で十八日に開かれた「第二十四回全国みどりの愛護のつどい」に
出席された皇太子さま。
国土交通大臣表彰を受けた団体の代表者ら八百人を前にあいさつし、
住民参加による緑化推進の大切さを述べた。
受賞者を代表し、紀北町の「ツヅラト峠を守る会」の熊野古道一帯での清掃や
植樹活動が紹介された。 
式典の前後には「新・権兵衛踊り」など地元の伝統芸能などが披露された。
紀北町の劇団「かんからこぼし座」は、かっぱにまつわる伝説を題材にした
影絵を上演。
皇太子さまは演じた子どもたちに「とてもよくできていますね」と声を掛けた。 
午後は二〇〇四年の豪雨災害で大きな被害が出た大台町を訪問。
町領内地域総合センターでは尾上武義町長らが写真パネルを示して当時の
被害状況を説明。
皇太子さまはうなずきながら聞いていた。
被災現場にできた「滝谷の里公園」では遺族に言葉を掛けられた。 

◆皇太子さま感想 
全国みどりの愛護のつどいを契機に、緑豊かな環境作りがよりいっそう
推進されることを希望します。
被災現場を訪れ、実際に現場に立って被害の大きさと土砂災害の威力に
驚かされました。
かけがえのない肉親を亡くされた遺族の方々の悲しみはいかばかりかと
思うとともに、今後のご健勝をお祈りしております。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』2013のたくさん…
  2. 【前編】三重県伊勢市「砲台山」 ~「半分の月がのぼる空」の舞台~…
  3. パソコンが最短で得意になるコツとは?
  4. アベノミクスで作り出したバブルが崩壊する兆し
  5. 煎り大豆:「武四郎」来月から発売 「北海道」命名の探検家にちなみ…
  6. 内田ホルモン 志摩市阿児町鵜方カクテル前のテナント
  7. 志摩、的矢大祭りのみこし一式 宮城・石巻の子どもらへ
  8. WordPressのログイン画面のURLを変更してセキュリティを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP