志摩男ちゃん日記

若手就農者を定着させるには 離職4割、三重県が検討会


「農家になった若者をどう定着させるか」をテーマにした県の検討会が始まった。目的は、農村部で課題となっている担い手確保や少子化の改善に生かすこと。津市で3日にあった初会合では、ベテランと若手の農家が、働き方の現状や悩みを意見交換した。
 「家庭と仕事場が一緒なので、仕事と私生活の境目が見えにくい」。そう指摘したのは伊賀市の牧場に嫁いだ女性(34)だ。鈴鹿市の茶農家の女性(57)からは「従業員が手伝ってくれて、働きながら子育てできた。家族経営にも良い面はある」と好意的な意見が出た。
 検討会は有識者や農業団体の代表、若手農家ら十三人で構成。今後、若手の自営農家や農家に就職した従業員を対象に、働きやすさに関するアンケートを実施し、十月ごろに予定されるフォーラムで具体的な対策を提案する。初会合では、アンケートや対策の作成に向け、農家が抱える問題を話し合った。
 四十歳未満の県内の新規就農者は二〇一三年度、百二十二人。リーマン・ショック直後に工場などの失業者が流れ込んだ〇九年度ほどの伸びはないが、この数年、安定して数を増やしている。
 ただ、定着率は良くない。県農業研究所が過去三年間に農業に就いた三百二十人を調査した結果、四割強がすでに離職していた。
新規就農者が増えた背景には、見習い期間中の国からの給付金などの支援制度がある。県は離職阻止のための支援も必要と考え、検討会を設立。担当者は「働き盛りの年代は結婚や出産が重なりやすい。働きながら安心して暮らすために私生活の時間は欠かせない」と話す。
 委員の一人で三重大の内山智裕准教授(農業経営学)は「代わりの人手が限られ、農家だと、一般企業のように育休までは取れないこともある。こうした問題にどう支援するかを考えていく必要がある」と話した。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. Googleの極秘の無料ツール7選
  2. 太古のミエゾウ初復元 県総合博物館開館の目玉
  3. 飼育9000日 ノコギリエイすくすく
  4. 一人暮らしならどこに置く? 自宅に神棚を飾るために必要なこと
  5. 地図の無料素材配信サイト[地図AC]
  6. Googleストリートビューで 訪れる事ができる面白い場所
  7. 日本最大級SCで三重フェア開幕 埼玉・イオンレイクタウン
  8. 観光施設や鮮魚店を「まちの駅」に認定 三重県尾鷲市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com