志摩男ちゃん日記

被災業者の努力に感謝 宮城の種ガキが順調に入荷

鳥羽、志摩両市のカキ生産地が、養殖に必要な稚貝(種ガキ)を、

宮城県から順調に入荷している。

東日本大震災で仕入れ先が被災し、確保が危ぶまれていたが、

被災業者が何とか生産にこぎ着け、供給が受けられるように。

順調に育てば、来年度は例年並みの出荷量が見込めそうだという。

志摩市磯部町的矢には27日早朝、鳥羽磯部漁協的矢支所が宮城県塩釜市から

仕入れたカキを積んだトラックが到着。

早速、集まった的矢湾の養殖業者らが、次々と漁船などに積み込んでいった。

種ガキを付着させたホタテの貝殻の数は14万7000枚。例年の6割ほどだが、

同支所では陸上水槽での人工生産や、海から幼生を取る天然採苗にも取り組んでいて、

これらを合わせることで、必要量が確保できた。

漁協関係者らによると、塩釜市の種ガキ生産者は、津波で養殖施設や、

親となるカキを失っただけでなく、地盤沈下で今も満潮時は漁港などが浸水し

「復興なんて、とても言えない状況」が続く。

それでも、各業者は養殖施設を再建し、岸壁に張り付いていた天然のカキを

親として使い、稚貝を育てたという。

的矢湾では、天然採苗で十分な幼生が得られたが、フジツボが付いて多くの貝が

使えなくなっていたところで、宮城から入る貝がなければ、

大幅な減産になる恐れがあった。

井倉忠支所長(46)は「感謝に尽きる。

とにかく入って良かった」と胸をなで下ろすとともに

「あの状況でよく稚貝作りができた。努力は、すごいのひと言」と

宮城の生産者をたたえる。

同じく塩釜市から稚貝が届いた、三重ブランド「的矢かき」を

生産する佐藤養殖場の佐藤文彦常務(42)も、苦難を乗り越えてやってきた貝を

「愛情を持って育てたい」と誓う。

鳥羽市の鳥羽磯部漁協浦村支所によると、生浦(おうのうら)湾の各養殖業者も、

順調に宮城県から稚貝を入荷しているという。

中日新聞引用
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20111028/CK2011102802000109.html

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. レディス&ガールズフェスタ「伊勢志摩コレクション」-モデルの佐藤…
  2. 昨夜、伊勢志摩の上空に雲の輪♪
  3. あなたの住んでいる街の戦闘力を分析してくれる無料ツール
  4. 【サロン・士業系の方向け!】商売繁盛するアメーバブログ集客マニュ…
  5. Webフライヤーを作成&公開することができる無料ツール
  6. エクセルやGoogleドキュメント風の無料ツール
  7. リモートソフト「 TeamViewer 」ダウンロード&…
  8. 今、話題の “温冷エステ” がご家庭で!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP