志摩男ちゃん日記

韓国の海女18人、日本の漁を学ぶ 海の博物館を視察

海女漁が盛んな韓国・済州道下道里(ハドリ)の海女十八人が、十八日から三泊四日の日程で日本に滞在している。一行は十九日、鳥羽市を視察で訪問。同市浦村町大吉、海の博物館(石原義剛館長)を見学し、日本の海女漁について学んだ。

 石原館長が、全国十八県に約二千二百人の海女がいて、平均年齢は六十二歳だと説明。海女はアワビを多く採っていたが、最盛期の六千トンから今は一千トンまで漁獲量が減ったことを話し、後継者育成を課題に挙げた。稚貝の放流や小さいアワビは採っても海へ戻す取り組みなどを紹介し、「資源があれば、これからも海女漁は成り立つ」と述べた。

 一行は同館の見学後、同市相差町を訪れ、現地の海女と一緒に海女小屋を見学した。済州道の海女の数は約四千八百人で、そのうち下道里には約四百人の海女がいる。二十日以降は大阪などに滞在する予定。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. ドローンがVISONの夜空を彩る「VISON SUMMER NI…
  2. 道をひらく
  3. 奥山理さん死去:写真家で日報連中部本部委員、伊勢神宮撮り40年 …
  4. twitterやFacebookの投稿を 新聞風にまとめてくれる…
  5. facebookのアカウントを セキュリティチェックしてくれる無…
  6. 南伊勢町 おいないさキャンペーン夏2022
  7. ヤフーオークション楽々収益化パック
  8. 夕方の午後5時40分 南鳥羽の千鳥ケ浜海水浴場から「富士山」なう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com