志摩男ちゃん日記

養殖マグロ使い 食の可能性探る 鳥羽で料理人ら研究会

【鳥羽】伊勢志摩産養殖マグロを使った「料理研究会」が十二日、鳥羽市安楽島町の鳥羽ビューホテル花真珠であった。地元料理人グループ、鳥羽料理研究三重三料会(松浦貞勝会長)のメンバー二十五人が、二十キロの養殖マグロ一匹から、刺し身や握りずし、ステーキなど七種十品の会席料理四十五人分を作った。

 同研究会は、市の委託を受けた市観光協会が「食の魅力開発事業」の一環として開き、昨秋に続いて二回目。同事業は鳥羽料理研究三重三料会と共に、伊勢神宮式年遷宮に向けた新弁当の開発などに取り組んでいる。今回は、伊勢志摩の食材として注目される養殖マグロの可能性を探るため開いた。

 メンバーらは皮や血合いなど余すことなく使って料理を作った。木田久主一市長らが出席した試食会で、松浦会長は「あぶりなど焼きを加え、生だけでない食感とタケノコや菜の花など野菜を添えてバランスを考えた」とメニューを説明。出席者からは養殖マグロの価格などの質問もあった。

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. Googleストリートビューで 訪れる事ができる面白い場所
  2. 日本最大級SCで三重フェア開幕 埼玉・イオンレイクタウン
  3. この記事は表示できません
  4. Youtubeに隠しコマンドが見つかる
  5. MakeShopは月額0円から開業できる「売れる」ネットショップ…
  6. 外国人にウケる!意外な日本のおみやげランキング
  7. ツイートするだけで 勉強時間を記録してくれる無料ツール
  8. 志摩スペイン村沿道におけるチケット販売店について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP