伊勢志摩鳥羽のイベント

クライミングウォール人気 みえこどもの城(三重県松阪市)

三重県松阪市立野町の県立児童館「みえこどもの城」にあるクライミングウォールが
人気を集めている。
クライミングは近年、登山に劣らぬブーム。
同館は初めての子どもが挑戦できる設計になっており、親子で楽しむ姿が見られる。
クライミングウォールは二階のプレイランド内にある。
高さ七メートル、幅十四メートルの灰色の壁には、赤や青、緑などの
「ホールド」と呼ばれるプラスチック製の石が配置されている。
手前にせり出した部分もある。
同館では、水平移動しながら手足の運び方を学ぶ「トラバース」、命綱なしで
高さ四メートルまで登る「チャレンジコース」、命綱をつけて高さ七メートルまで
登る「TOP(トップ)ロープ」の三つを楽しめる。
チャレンジコースは、レベル一の「富士山」から八の「エベレスト」まである。
指定されたルートを大人は二回、子どもは一回ゴールまで到達すると、
次のレベルに進める。
同館にウォールができたのは二〇〇三年。「屋内でも子どもが体を動かせるものを」と
設置された。
県内では最近、クライミングウォールを備えたジムが開業しているが、
同館は水平移動のコースを設けるなど、初めての子どもでも始められるよう
工夫しているのが特徴。
時間は一回につき四十五分。
土日祝日はスタッフが付き添って安全面に配慮している。
同館で基礎を学んで“卒業”し、他のクライミングジムで大人に混ざって
登るケースも多いようだ。
小学六年の長男とともに週一回、同館に通う松阪市の会社員西村嘉亮(よしあき)さん
(33)は、クライミングの魅力に「ゴールしたときの達成感と到達できないときの
悔しさ」を挙げる。
その上で「こどもの城は、子どもがメーンで大人も一緒になって楽しめて良い」と
話す。
担当の岩佐文予(ふみよ)さん(29)は「未経験者向けの講習会を増やして
裾野を広げたい」と今後の展望を語る。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 滑走戦隊ホッケーレンジャー ブルー&イエロー登場!: …
  2. 夏がきた!「志摩レゲエ祭」- MUNEHIRO、BESに現役女子…
  3. 国府まつり
  4. うまいもんどっさり「サニー市」
  5. 昆虫観察会 in松阪農業公園ベルファーム
  6. 今月28日(木)、三重県志摩市において賢島大学の月例教養講座を開…
  7. 三重の祭りを撮る伊勢の写真家・阪本博文さん、賓日館で写真展
  8. 第6回二見浦秋まつり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP