伊勢志摩鳥羽のイベント

伊勢・進富座、最後のフィルム上映 28日から「黒部の太陽」 県内唯一の単館系

三重県内で唯一の単館系映画館「進富座」(伊勢市曽祢2、水野昌光支配人)が、
28日からの「黒部の太陽」で、こだわり続けたフィルム上映に幕を閉じる。
今後はデジタルでの上映を続けるが、水野支配人は「旧作や企画上映など、
単発でフィルム上映の機会を作っていきたい」と話している。
進富座は、水野支配人の曽祖父が1927年に芝居小屋として開設し、
53年から父昭二さんが映画館として運営を始めた。
水野支配人は大学卒業後の84年から同館で映写や番組編成に携っていたが、
97年に市内の別の映画館に経営を委託。
一旦映画の世界から離れたものの、思いは断ち切れず
「都会でなくても上質な映画を見られる場所を」と、2002年に「進富座」と
して再オープン。以来、国内外の映画を厳選し、年間80~100本上映してきた。
しかし、映画人口の減少や、フィルムからデジタルへの移行など課題が山積し、
昨年末には休館。閉館しなかったのは「良い映画を提供して映画の素晴らしさを
感じてもらい、お客さんと一緒に進富座を育んでいきたい」という思いだった。
約1カ月後に再開し、全国でも数少ないフィルム上映を続けてきた。
シネコンでは見られない作品ばかりで、県内外からファンが訪れるが、
現状は厳しい。新作映画のフィルム制作がなくなるのに伴い映写機の
メンテナンス技師もいなくなり、「何よりも映画を上映できることが大前提」と、
デジタルの上映ができるDCP(デジタルシネマパッケージ)を8月末に導入した。
「黒部の太陽」は、石原裕次郎主演で1968年に公開、730万人を動員した
大ヒット映画。生前に石原さんが「こういった作品は映画館の大迫力の画面、
音声で見てほしい」と言ったという思いを大切に、DVD化もされなかった。
しかし、2011年の東日本大震災を受け、版権を持つ石原プロが12年、
全国157カ所を回るチャリティー上映会を実施。その後も依頼が相次ぎ、
13年は興業として各地で上映している。
進富座での上映は10月10日までで、午前10時と午前11時40分の2回上映。
料金1100円。金曜休館。
水野支配人は「進富座最後のフィルム上映に裕次郎さんの思いが重なる。
その思いを受け止めてもらいたい」と話している。
問い合わせは、進富座(0596・28・2875)。
引用元(毎日.jp)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「伊勢志摩ツーデーウオーク」に3500人以上-伊勢神宮別宮コース…
  2. 大山広苑 梅千本 観梅会
  3. プリマハム三重工場見学・伊勢神宮内宮参拝ツアー プレゼント
  4. ネット販売手法の高度な利用法をご紹介する『いい宿』の作り方 勉強…
  5. 1秒間に2.5回の高速餅つき-志摩の「恵利原早餅つき」が記録更新…
  6. 鉄道プラレールに人気 明和でキッズフェス
  7. 熊野古道の魅力紹介 三重テラスでセミナー
  8. 伊勢には昔から毎月朔日(ついたち)に神宮に参拝する「朔日参り」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP