伊勢志摩鳥羽観光情報

「伊勢神宮」の魅力伝える写真集-祭典や神宮森の野鳥など、Kankanさん

東京都出身の写真家Kankan(カンカン)さんが9月、
伊勢神宮の祭典や自然などを撮った写真集
「伊勢神宮 こころを照らす神々の都」(書肆侃侃房)を
発売した。


Kankanさんの写真集「伊勢神宮 こころを照らす神々の都」(書肆侃侃房)

小学4年の時に初めて一眼レフカメラを手に取ったというKankanさん。
伊勢神宮には20代のころから定期的に参拝に来ている崇敬者。
10年くらい前から本格的に神宮の撮影を開始、
伊勢市内に部屋を借り今も神宮を撮り続けている。

Kankanさんは「6月の月次祭(つきなみさい)の夜に斎行される
由貴大御饌(ゆきのおおみけ)を初めて奉拝させていただいた時、
第2鳥居をくぐった1匹のホタルが一直線に飛んで来た。
その後の報鼓(ほうこ)、松明(たいまつ)、
玉砂利を踏みしめる音…。
何だこの世界は!と驚き興奮した」と
神宮に魅せられたきっかけを打ち明ける。

写真集は、136ページオールカラーB5判、横並製。
英語、フランス語訳付き。「神宮」「外宮」「内宮」
「神を祀る」「宮域の息吹」「神宮美景」「神御衣奉織」
「実りへの祈り」「天地浄闇」の9つのタイトルごとにまとめた。

「『宮域の息吹』に収めた野鳥のアカショウビンは
神宮の森の中にこもって、20回目でようやく撮影に成功。
アカショウビンの鳴き声は聞こえるがなかなか姿を見せてくれなかった」と
Kankanさん。
「神宮を表現するのに、神宮のバックグラウンドの
宮域林を表現しなければ(写真集は)コンプリートできないと思った。
(野鳥の撮影経験は持っていたので、)それならば絶対鳥を
撮影しなければと思った」と付け加える。

「この写真集を手に取った人が一人でも多く
伊勢神宮を参拝するきっかけになれば。
参拝者が少ない平日がおすすめ」とも。

 価格は、2,625円。

ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 7月1日スタート!『せんぐう旅博』
  2. 本日も「遊泳禁止」御座白浜海水浴場&あづり浜海水浴場
  3. 仲間入りしました 大紀町の動物園にエミューの子ども
  4. サーフィンのメッカ 国府白浜海岸 (三重県志摩市阿児町国府)
  5. ダブル伊勢海老&あわび&牛ロース【祝い魚プラン】byあじ彩の宿 …
  6. いよいよバイクシーズンですね~ by 情景の宿 あづま
  7. 路面電車風のバス「神都バス」、伊勢神宮内宮-外宮間を毎日5往復
  8. 鳥羽水族館 人間で100歳超え ラッコ「ポテト」の長寿お祝い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP