伊勢志摩鳥羽観光情報

日本橋に県の営業拠点・三重テラス開業

三重県の情報を首都圏で発信する拠点となる「三重テラス」が
二十八日、東京都中央区日本橋室町の商業ビル
「ユイト・アネックス」内で開業した。
食品や伝統工芸品など千点を並べた物販コーナーと、
松阪牛や伊勢湾の魚介などの地元食材を提供する
イタリア料理のレストランで、誘客と県産品の販路拡大を図る。
アンテナショップにとどまらず「三重県そのもの」を
売り込む営業拠点として、鈴木英敬知事の肝いりで準備を進めてきた。
多目的ホールを備え、県内自治体や商工団体などが
行事や商談会にも活用する。
ビルの一、二階部分約四百五十平方メートルを賃借し、
運営は民間に委託。
県の投資額は五年間で約六億円。
二十八日の式典で鈴木知事は
「豊かな文化に触れてもらうおもてなしの場にしたい」と
語った。
東京・日本橋で二十八日開業した県の首都圏営業拠点
「三重テラス」。
地元と都内の関係者らを招いた式典で、
鈴木英敬知事は「旬の三重を発信する。
おいしい食や歴史ある文化を予感できる旅の入り口にしたい」と
抱負を述べた。

◆伊勢神宮をテーマに展示や対談企画
江戸歌舞伎が誕生した日本橋にちなんだゲストとして、
歌舞伎役者の中村福助さんが招かれ
「三重と日本橋の文化が融合した素晴らしい場所。
大勢の人でにぎわって」と祝った。
開場のテープカットは午後三時すぎ。
三重テラスが入居するビル周辺には二百人近い行列ができ、
一階の物販エリアでは入場制限をした。
洋菓子や伊勢エビ風味のせんべいなどを買い求めた
都内の女性会社員(30)は
「品数が豊富で、伝統工芸を使った内装もおしゃれ。
今度はゆっくり訪ねたい」と話していた。
二十九日以降、二階多目的ホールを中心にイベントを開催する。
十月十三日までは伊勢神宮をテーマにした
浮世絵や写真の展示や対談企画などがあり、
誘客に向けた情報発信を本格化させる。
地下鉄東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅に直結。
年末年始を除き無休で、営業時間は物販が午前十時~午後八時、
レストランが午前十一時~午後十一時。
問い合わせは三重テラス=電03(5542)1035=へ。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 夏休み期間の三重県内主要19所 観光客24%増608万人
  2. 鳥羽の「門野幾之進記念館」がリニューアルオープン
  3. 360°素晴らしい南伊勢町の南海展望公園
  4. 御座烏賊浦 真珠体験 真珠加工・養殖 パール美樹
  5. 120種450株見頃を迎えた「神宮ばら園」 入場無料 
  6. 南伊勢町 県出身お笑いコンビ オレンジが観光大使 「自然の良さ伝…
  7. 師走に入り雨上がりの伊勢神宮おはらい町は平日でも大盛況!
  8. 当館の大女将も若い頃は海女でした。 みち潮

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP