伊勢志摩鳥羽の祭り

一夜限り、3千灯のちょうちん幻想的に-芸能の神様「さるめ神社」宵祭で

猿田彦神社(伊勢市宇治浦田、TEL 0596-22-2554)の境内社で
アメノウズメを祭る佐瑠女(さるめ)神社の宵祭と例祭が
8月17日と18日、同神社で開催される。
全国から奉納される約3000灯のちょうちんが、一夜限りの
幻想的な空間を作り出す。
$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
アメノウズメに包まれているような光の空間、猿田彦神社「佐瑠女神社」

アメノウズメは、日本神話の「岩戸伝説」で、岩屋の前で
踊りアマテラスを岩屋から出し世の中を暗黒の世界から救出。
「天孫降臨」で、ニニギが高天原から高千穂へ降りる際、
アメノヤチマタで迎えたサルタヒコ(猿田彦神社の主祭神)に
近づき、天と地の神の仲を取り持ったとされる。
佐瑠女神社は、踊り、芸能、縁結び、鎮魂の神様として
信仰され、今年も松平健さんや藤井フミヤさん、
秋本奈緒美さん、藤吉久美子さん、伊藤英明さん、
小藪千豊さんなど多くの芸能人が参拝に訪れている。
昨年2月には元・桂三枝さんが桂文枝襲名奉告を行った。
宵祭は、17時30分から始まり、猿田彦神社の「さだひこ太鼓」の
演奏などがあり、18時30分からはムッシュ・ピエールさんによる
マジックショーが予定されている。
19時10分ごろ、一斉にちょうちんに火が灯る。
18日の例祭は、11時から。
ちょうちんの奉納(献灯)は1灯2,000円から受け付ける。
宵祭には、かわいい手提げちょうちん「真女(まめ)ちょうちん」が
限定で授与される。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重・志摩で「汗かき地蔵」に祈願
  2. isesinbun 伊勢神宮 現社殿で最後の月次祭
  3. 伊勢神宮「伊雑宮」で御田植祭-鶴が稲穂を落とした神話が始まり
  4. 天狗のしぐさに歓声 玉城で獅子舞神事
  5. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  6. 伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」-富士山と朝日が重なる夫婦岩でみそ…
  7. chunuchisinbun ボラさばき大漁祈願 浜島で「盤の魚神事」
  8. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com