伊勢志摩鳥羽の祭り

三重県志摩市 あす伊勢雑宮で御田植祭 迫間地区で役人ら大訓式

三重県志摩市磯部町上之郷の伊勢神宮別宮・伊雑宮の「御田植祭」を
二十四日に控え、神事の当番区である迫間地区の玉泉庵で二十二日、
本番前の総練習「大訓式(おおならし)」があった。
大口秀和市長ら来賓や地元の人が見守る中、役人(やくびと)らは
本番と同じ衣装に袖を通し、当日の手順を確認するように真剣な表情で取り組んだ。
傍らでは、一カ月余り役人を指導してきた谷口哲師匠(77)が所作を見守った。
地元の小中学生らが担う早乙女や太鼓、簓(ささら)などの役人は、
早朝から化粧や着付けをして準備。
午前十時、御料田と同じ大きさに白線を引いた玉泉庵の敷地に早乙女と
田道人(たちど)が一列に並び、謡や笛、鼓のはやしに合わせて丁寧に
苗を並べていった。
簓による刺鳥差しの舞も含め、十八番全ての謡が終わると、集まった人から
大きな拍手が送られた。
御田植神事に続く「踊込み」では、町内を練り歩いて練習した。
谷口師匠は「古式にのっとった神事をここまでよく覚えてくれた」と
ねぎらい「本番までに上等に仕上がった。
あとは当日を無事に迎えたい」と、話した。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 外宮 勇壮に「蘭陵王」舞う 神楽奏行140周年祝い上演 
  2. 第19回ええじゃんかまつり
  3. 台風など風雨による被害がないように-伊勢神宮で「風日祈祭」
  4. 第3回志摩の夏まつり
  5. 鳥羽・相差町でくじら祭りー「クジラの背中に乗った観音様」の伝説に…
  6. 伊勢神宮、皇学館大生らが奉献 内宮の御白石持行事最終日
  7. 日本三大御田植祭(重要無形民俗文化財) 伊雑宮 御田植祭
  8. 志摩・安乗神社で神事「三番叟の舞」-天下泰平など祈り、人形が舞う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP