伊勢志摩鳥羽の祭り

人形芝居、80人が熱演 三重県志摩市・安乗神社

国の重要無形民俗文化財「安乗の人形芝居」(安乗文楽)が十六日、
三重県志摩市阿児町の安乗神社で始まった。
地元の保存会のメンバーや小中学生合わせて約八十人が、生きているかの
ように人形を操り、義理人情を表現した。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=中日新聞
大人顔負けの巧みな人形さばきで「鎌倉三代記」を演じる
安乗中文楽クラブの生徒たち=志摩市の安乗神社で

十七日まで。
安土桃山時代に始まった芸能の上演が変遷を重ね、現在の形になったと伝わる。
地元の保存会や小中学生たちが毎年、神社の秋季祭礼で奉納している。
十五日からの予定だったが、台風18号のため順延された。
初日は、地元の安乗小学校四~六年生の三十六人が人形劇「勧進帳」、
安乗中学校文楽クラブの十七人が「鎌倉三代記」三浦之助母別れの段、
保存会が「艶容女舞衣(あですがたおんなまいぎぬ)」酒屋の段など二本を熱演。
三人で息を合わせて一体の人形を操り、人間の心の機微を豊かに表現し、
会場から大きな拍手を浴びた。
十七日は午後六時半から、保存会が三本を披露する。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 北浜地区から懐かしの田舟 お白石持
  2. あのりふぐ協議会 設立10周年記念イベント 「あのりふぐ祭り」
  3. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  4. 伊勢・猿田彦神社 「お守り笹」準備進む 七五三で
  5. 観光客ら夜の水族館を満喫 「賢祭」にぎわう
  6. 「藻刈神事(もかりしんじ)」-伊勢市、二見興玉神社
  7. 式年遷宮:泥まみれで団扇奪い合う 伊勢神宮別宮で御田植式 三重県…
  8. 伊勢神宮、皇学館大生らが奉献 内宮の御白石持行事最終日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP