伊勢志摩鳥羽の祭り

人形芝居、80人が熱演 三重県志摩市・安乗神社

国の重要無形民俗文化財「安乗の人形芝居」(安乗文楽)が十六日、三重県志摩市阿児町の安乗神社で始まった。
地元の保存会のメンバーや小中学生合わせて約八十人が、生きているかのように人形を操り、義理人情を表現した。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=中日新聞
大人顔負けの巧みな人形さばきで「鎌倉三代記」を演じる安乗中文楽クラブの生徒たち=志摩市の安乗神社で十七日まで。
安土桃山時代に始まった芸能の上演が変遷を重ね、現在の形になったと伝わる。
地元の保存会や小中学生たちが毎年、神社の秋季祭礼で奉納している。
十五日からの予定だったが、台風18号のため順延された。
初日は、地元の安乗小学校四~六年生の三十六人が人形劇「勧進帳」、安乗中学校文楽クラブの十七人が「鎌倉三代記」三浦之助母別れの段、保存会が「艶容女舞衣(あですがたおんなまいぎぬ)」酒屋の段など二本を熱演。
三人で息を合わせて一体の人形を操り、人間の心の機微を豊かに表現し、会場から大きな拍手を浴びた。
十七日は午後六時半から、保存会が三本を披露する。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「松阪撫子どんな花?祭り」25日開幕
  2. chunuchisinbun クジラみこし、大漁祈願 鳥羽・相差で祭り
  3. isesinbun 夏の夜彩る折り鶴と花火 きほく燈籠祭に5万3000人
  4. 安乗中の生徒が仕上げ練習 文楽「鎌倉三代記」15日上演
  5. 志摩 情感たっぷり 安乗文楽上演 観客見入る
  6. isesinbun 伊勢神宮 現社殿で最後の月次祭
  7. “キティちゃんと南部へGO!!”『レンタルバイク伊勢』が伊勢祭り…
  8. isesinbun 伊勢・猿田彦神社 「お守り笹」準備進む 七五三で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com