伊勢志摩鳥羽の祭り

伊勢神宮の新しい正殿初公開-式年遷宮「お白石持ち行事」で

20年に一度、伊勢神宮の全ての社殿を建て替え、装束、神宝などを
新たに造り替える「式年遷宮」の一連の行事の一つで、
神領民と呼ぶ伊勢の住民らが新しい正殿の敷地に「白石」を敷き詰め
奉献する「お白石持ち行事」が7月26日、伊勢神宮周辺で始まった。
式年遷宮は、1300年もの歴史を持ち、さまざまな儀式や匠(たくみ)に
よる伝統の技が受け継がれている。
式年遷宮行事のクライマックスとなる神々にお遷(うつ)りを願う行事
「遷御(せんぎょ)の儀」が天皇陛下より、内宮(ないくう)が10月2日、
外宮(げくう)が同5日に決定された。
お白石持ち行事は、1462(寛正3)年の第40回式年遷宮から始まったとされ、
伊勢を流れる宮川で拾い集めた石英系の白い石「白石」を奉曳車や
木そりに乗せ、沿道や川を練りながら神域まで運び
(遷宮後は立ち入ることができない)、新しい正殿の敷地に敷き詰める
行事をいう。
1993年の前回には約20万人が参加したが今回はそれを上回る23万人が
参加する予定。
この日は五十鈴川を白石を積んだそりで引っ張る「川曳(かわびき)」が
行われ、内宮神苑まで運ぶと一人一人が白い布で大切に包んで新御敷地まで
持参した。
正殿の中に入ると「わー」「すごいきれい」などと歓声が上がっていた。
生後7カ月、宇治出身の小林諒大(あさひ)くんは両親に抱かれながら参加した。
母親は「この子が20歳になったときに今日の日を覚えているのか?
元気に育ってほしい」とコメントした。
名古屋から参加した夫婦は「白石を奉献できてただただ有り難く感じた」と
感慨深げだった。
同行事は、内宮への奉献が8月12日まで、外宮が8月17日~9月1日の
期間実施される。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩 情感たっぷり 安乗文楽上演 観客見入る
  2. 日本三大御田植祭♪ 伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)…
  3. 遷宮記念し御潜神事再現、三重 海女がアワビ採取
  4. 式年遷宮:泥まみれで団扇奪い合う 伊勢神宮別宮で御田植式 三重県…
  5. 津市香良洲御木曳
  6. 第10回横山さくらまつり!
  7. 鳥羽 田植え前に豊穣祈る 堅神神社で春の中祭
  8. 伝統の曽原獅子舞を奉納 松阪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com