伊勢志摩鳥羽の祭り

伊勢神宮:ヒノキ植樹祭に200人参加

伊勢神宮の宮域林(きゅういきりん)にヒノキを植える「神宮植樹祭」が23日、
三重県伊勢市宇治今在家町の神路山で行われた。
鷹司尚武大宮司や神宮職員ら約200人が参加した。 
宮域林は約5450ヘクタール。
20年に1度の式年遷宮で社殿などを建てる用材としてヒノキを育てており、
1926年から毎年、1万5000~2万本を植樹している。
秋にクライマックスを迎える今回の遷宮では、直径約40センチ、
樹齢80年以上の間伐されたヒノキが塀などに使われた。
鎌倉中期以来、木曽地域などで切った木を使ってきたが、
約700年ぶりに地元で調達したことになる。 
植樹祭で、神職が祝詞をあげた後、
金田憲明営林部長が「100年後には、宮域林からすべての
御用材を供給したい」とあいさつ。
くわを手に、高さ約40センチの苗木約900本を植えた。
200年かけて間伐しながら育てていく。
ソース(毎日.jp)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 第56回鳥羽みなとまつり大会
  2. 南伊勢で伝統の祭り「おいやれ」
  3. 伊勢神宮:御白石持行事 巨大なみそだるで奉献 /三重
  4. 46年ぶり「還城楽」 神宮内宮で春季神楽祭
  5. クジラみこし、大漁祈願 鳥羽・相差で祭り
  6. 第31回斎王まつり
  7. 鳥羽 わら舟に火、海に流す 無事祈り「のっと正月」
  8. 遷宮記念し御潜神事再現、三重 海女がアワビ採取

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP