伊勢志摩鳥羽の祭り

伊勢神宮:御白石持行事 巨大なみそだるで奉献 /三重

伊勢市の伊勢神宮の式年遷宮で、市民が白石を運んで新正殿の
新敷地に敷く御白石持(おしらいしもち)行事は2日、5日目を
迎えた。
内宮の陸曳(おかびき)があり、10奉献団が内宮に向かった。
奉献団の一つ、京町親友会は、直径約2・1メートル、
高さ約2メートルの大木だるが特徴。奉献車に載せて引いた。
大木だるは、廃業したみそ屋から譲り受けた。
約50年前のたるで、同会青年団が約7年前から準備してきた。
正面に「献」、背後は「絆(きずな)」、左右には「京」の文字が
刻まれている。
この日は、市民約970人が参加し、伊勢市宇治浦田の
市営駐車場を出発。「エンヤー、エンヤー」の掛け声や、
木遣(きや)り歌を高らかに響かせ、おはらい町を抜けて
内宮に向かった。
同会の杉山謙三団長(66)は「20年前は、各奉献団と
同じ大きさのたるで奉納したが、変わったことがしたかった。
後世につなげていきたい」と満足そうだった。
引用元(毎日.jp)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 七五三:お守り笹、準備作業進む--伊勢・猿田彦神社
  2. chunuchisinbun ボラさばき大漁祈願 浜島で「盤の魚神事」
  3. chunuchisinbun クジラみこし、大漁祈願 鳥羽・相差で祭り
  4. 1分間に140回つく志摩市の「恵利原早餅つき」、元旦から引っ張り…
  5. 宇治飾り作り次世代へ 森田さん伝統手法披露
  6. 46年ぶり「還城楽」 神宮内宮で春季神楽祭
  7. yomiurisinbun 無病息災願い「潮かけ祭り」 三重県志摩市和具
  8. 伊勢神宮「伊雑宮」で御田植祭-鶴が稲穂を落とした神話が始まり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com