伊勢志摩鳥羽の祭り

台風など風雨による被害がないように-伊勢神宮で「風日祈祭」

風の神様に適当な風が吹き、適当な雨が降るよう祈願する
「風日祈祭(かざひのみさい)」が8月4日、
伊勢神宮外宮(げくう)の「風宮(かぜのみや)」と
内宮(ないくう)の「風日祈宮(かざひのみのみや)」を
中心に125社全てで行われた。

 5月14日に執り行われる同祭では、稲作が始まった
ばかりの時期のため125社に雨風を凌(しの)ぐ
「蓑(みの)、笠(かさ)」をまつるが、8月の同祭では
稲も実り、順調に生育し収穫を残すのみとなっている
ことから蓑・笠はまつらず、台風の直撃など
風雨による災害がないように、「悪風(あしきかぜ)
荒水(あらきみず)に相(あ)はせ給(たま)わず」と
祝詞を奏上する。
5月と8月は共に稲の成熟に重要な時期のため、
適当な雨と風に恵まれ五穀豊穣(ほうじょう)を祈る。

 両宮の祭神は、共にイザナギとイザナミの
間に生まれた神とされる級長津彦命(しなつひこのみこと)、
級長戸辺命(しなとべのみこと)。
農耕に欠かせない風の神として知られ、
鎌倉時代、元寇(1274年文永の役、1281年弘安の役)の
時に神風を吹かせ国難を救ったとされ、1293年に別宮に
昇格した。
東日本大震災発生時、福島第一原子力発電所からの放射能が、
風向きいかんで人々への影響があることから多くの人が
風の神様への祈りをささげた。

 伊勢志摩地方の水田は現在、青いじゅうたんを
敷いたように美しく、風がそよぐ度に青々と育った
稲がしなやかに揺れている。
志摩市浜島の岡野幸吉さんは7月28日早々に稲刈りを行い、
この地方の風習で盆の供え用に間に合うように収穫した。
本格的な稲刈りは盆明けになる。
引用元・伊勢志摩経済新聞

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 天狗のしぐさに歓声 玉城で獅子舞神事
  2. 46年ぶり「還城楽」 神宮内宮で春季神楽祭
  3. 鍬形まつりが開催されます。
  4. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」
  5. 三重県伊勢市の二見興玉神社 夫婦岩 大しめ縄新調
  6. 伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」-富士山と朝日が重なる夫婦岩でみそ…
  7. 鳥羽 田植え前に豊穣祈る 堅神神社で春の中祭
  8. 川曳の奉献団、神域目指す お白石持行事2日目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP