伊勢志摩鳥羽の祭り

外宮 勇壮に「蘭陵王」舞う 神楽奏行140周年祝い上演 

三重県伊勢市豊川町の伊勢神宮外宮せんぐう館奉納舞台で八日、
神楽奏行百四十周年を祝う舞楽の公開があり、非常にめでたい曲とされる
「蘭陵王(らんりょうおう)」など、二演目が上演された。
舞楽の公開は九日までで、午前十一時からの一回のみ
(雨天時は、せんぐう館展示室)。 
最初に、中国北斉の蘭陵王長恭の武勇をたたえて作った曲「蘭陵王」が演じられた。
舞人が龍頭をいただいた仮面を付け、右手に金色の桴(ばち)を持って勇壮に舞った。 
続いて、もえぎ色を基調とした装束と高い鼻に鋭い目、ひげを蓄えた白い面が特徴の
「貴徳(きとく)」が披露され、鉾(ほこ)を手にした舞人が武将の戦う姿を力強く表現した。 
明治五年七月に、皇大神宮祈祷所と大麻授与所が創設され、翌六年二月一日から
神楽奏行が始まった。
百四十周年を迎えた今年の二月一日には、伊勢神宮内宮で舞楽の奉納と
一般公開があった。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢神宮内宮に初物奉納
  2. 多気の車田で御田植祭
  3. 志摩・安乗神社で神事「三番叟の舞」-天下泰平など祈り、人形が舞う…
  4. 日本三大御田植祭(重要無形民俗文化財) 伊雑宮 御田植祭
  5. 闇に浮かぶ巨大折り鶴 紀北で燈籠祭
  6. 第31回斎王まつり
  7. 志摩のアワビに舌鼓
  8. 伊勢神宮外宮の夜にマイケルジャクソン降臨-ムーンウオークも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP