伊勢志摩鳥羽の祭り

大津波犠牲者を供養 二見興玉神社で郷中施

三重県伊勢市二見町江の二見興玉(おきたま)神社内の龍宮(りゅうぐう)社で
二十三日、江戸時代の大津波の犠牲者を供養し、安全を祈る神事
「郷中施(ごじゅうせ)」が営まれた。
一七九二(寛政四)年に江地区が大津波の被害に遭った際は、村中の人々が
食べ物などを分け合い、力を合わせて水難から立ち直った。
津波の教訓や助け合いの精神を後世に伝えようと毎年、津波のあった
旧暦五月十五日に行われている。
社殿での儀式に続き、神職らが供え物のキュウリと海藻のミル、マツナを
載せた木船を近くの浜辺に運んだ。
供え物は「津波を急に、見るな、待つな」という語呂合わせで、津波が来たら
すぐに逃げろという先人の教えが込められている。
多くの氏子らが見守る中、舞女二人が木船を海へと流し、祈りをささげた。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩のアワビに舌鼓
  2. 南伊勢町迫間浦の祭 浦まつり・天王祭
  3. 伊勢まつり
  4. 鳥羽 地元の魚や野菜を奉納 伊射波神社で「明神祭」
  5. 熊野大花火に歓声 過去最高の20万人
  6. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  7. 棒振り練り、悪病はらう 坂手島で330年続く伝統行事
  8. 宮後奉献団 上せ専用のねぶた 「風神と雷神」披露

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com