伊勢志摩鳥羽の祭り

志摩 情感たっぷり 安乗文楽上演 観客見入る

国の重要無形民俗文化財「安乗の人形芝居(安乗文楽)」が十七日夜、
志摩市阿児町安乗の安乗神社であり、安乗人形芝居保存会(浅井弘之会長)の
会員など約二十人が「絵本太功記~尼ヶ崎の段~」など三本を上演した。
「絵本太功記」は、明智光秀を主人公に、織田信長を討ち、羽柴秀吉に
滅ぼされるまでの「明智の三日天下」を題材としている。
尼ヶ崎の段は、山崎の合戦の前哨戦で秀吉の軍勢に敗れ、瀕死(ひんし)の
息子が光秀の下で味方の敗北を告げて息絶えるまでを伝えている。
毎年九月十五、十六日に同神社で上演されていたが、今年は台風18号の影響で
一日順延した。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=伊勢新聞
【人形芝居で、息子(右)が戦死した悲しみを押し殺す光秀(中央)と、
悲しみに暮れる息子の妻(左)を演じる会員ら
=志摩市阿児町安乗の安乗神社で】

公演では会員らが悲壮感に暮れる光秀の心情を細やかに表現し、観客は静かに
見入っていた。
会員以外で唯一参加した県立志摩高校二年、大野楓さん(16)は、
「将来的には会員となり、安乗文楽を盛り上げていきたい」と意気込みを語った。
文楽は、語り手の「太夫」、音楽の「三味線」、人形を操る「遣い手」によって
構成される人形浄瑠璃で、一つの人形を三人で操る。
安乗文楽では、人間は黒子として顔を黒布で覆う。
十六日は、保存会の会員のほか、安乗小、中学校の生徒らが「鎌倉三代記」などの
人形劇を披露した。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 鳥羽 大漁願うクジラみこし 練り歩き、海へ返す
  2. 北浜地区から懐かしの田舟 お白石持
  3. 伊勢神宮:御白石持行事 巨大なみそだるで奉献 /三重
  4. 伊勢神宮内宮で神楽祭 「賀殿」を公開
  5. 伊勢神宮の新しい正殿初公開-式年遷宮「お白石持ち行事」で
  6. 伊勢神宮:ヒノキ植樹祭に200人参加
  7. 鍬形まつりが開催されます。
  8. 南伊勢で伝統の祭り「おいやれ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP