伊勢志摩鳥羽の祭り

鳥羽 田植え前に豊穣祈る 堅神神社で春の中祭

isesinbun

鳥羽市堅神町の堅神神社(江﨑速雄宮司)で十八日、五月の田植え前の恒例行事で、五穀豊穣(ほうじょう)と町民の健康、幸せを願う春の中祭(ちゅうさい)があり、江﨑宮司が本殿に神饌を捧げ、祝詞を奏上した。

うっそうと茂る木々の隙間から木漏れ日が漏れる中、氏子総代が、本殿の入口に掛けられた布張(ふちょう)と呼ばれる幕を外し、神事が始まった。地元で取れたコメや魚、海草、野菜、御神酒などを奉納した後、江﨑宮司が五穀豊穣を祈る祝詞を読み上げた。

江﨑宮司によると、堅神町は昭和三十年代ごろまで、市内有数の農業が盛んな地域だったという。朝熊山から流れる冷水が、上質なコメを作り出していた。だが、近年は農家の高齢化や後継者不足から耕作放棄地が目立つようになり、祭典もかつてのにぎわいを失った。この日も、参加したのは江﨑宮司と氏子総代三人だった。

江﨑宮司は、「若者に神社の行事へ関心を持ってもらえるよう努めたい」と話し、地域の伝統や歴史を語り継ぐことの大切さを強調していた。九月末には、収穫に感謝する由緒祭が予定されている。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 多気の車田で御田植祭
  2. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  3. 伊勢神宮外宮の夜にマイケルジャクソン降臨-ムーンウオークも
  4. 伊勢神宮、皇学館大生らが奉献 内宮の御白石持行事最終日
  5. 津市香良洲御木曳
  6. 安乗中の生徒が仕上げ練習 文楽「鎌倉三代記」15日上演
  7. isesinbun 三重県、伊勢・二見興玉神社で夏至祭  300人、海水で身清める
  8. 宇治飾り作り次世代へ 森田さん伝統手法披露

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com