伊勢志摩鳥羽の祭り

790年余の伝統を誇る奇祭「潮かけ祭り」in志摩町和具

潮かけ祭りは旧歴の6月1日
今年は平成24年7月18日・19日と行われます。
790年余の伝統を誇る奇祭。海の女神・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が大島の祠に里帰りするのを祝い、海女や漁師がアワビ等のその日の獲物をお供えし、海の安全と大漁を祈願する神事の後、船どうし人どうし海水をかけ合ったり、海に投げ入れたりする天下ご免の祭である。海水をかけ合う荒っぽい天下ご免の奇祭。お祭り広場ではステージイベントや花火大会、荒波太鼓の演奏、夜店で賑わう。
潮かけのお話し
漁民は皆、大島祭当日の早朝より、大島周辺の漁場へ出掛け漁業を営み得た漁獲物を大島神社へお供えして、1年間の大漁と、会場での安全を祈願する。
海女が身を浄めて社前に海幸を奉って額づく光景は「みそぎ」の精神が漁民の間に永年に渡り保存されてきた証である。
漁民の参詣が終わると、神主、祭主はまんどう船に乗り込み、陸岸に向かって大島を出発する。(※まんどう船は満胴船とも呼ばれ、その由来は「船の胴の間(船中部の漁獲物を入れる場所)に漁獲物が満載できる」という意味からだと云われている。)
  昔のまんどう船は最も船脚の早い舟に、魯漕ぎの名人が乗り込んで漕いだものである。早い舟は遅れる舟を海上で待ち伏せ、海水の掛け合いが始まるのだがこれはお互いに「けがれを祓い浄める」漁村特有の思想の現れであると同じようにまんどう船へ最初に潮をかけた船は大漁をするという古来からの伝説によるものからである。

7月18日(水)スケジュール おしょうじ前夜祭19:30~21:00 おしょうじ17:00~21:00 夜店18:00~ 漁民カラオケ大会

7月19日(木)スケジュール本祭10:00頃 まんど船 新漁港出発11:00~ まんど船 新漁港到着  鼓笛隊行進・舞い奉納まんど船、祝みこし、荒波太鼓楽しいイベントがいっぱい!17:30~ 音楽ステージ ○ 歌手 山崎豊成、NORIYASU ○ ドリームダンス ○ 和具婦人会踊り ○ 荒波太鼓 ○ 岐阜ご当地アイドル「岐阜姫軍団」 ○ 志摩ご当地アイドル「Jurias」 デビュー・初ステージ20:45~ 花火大会

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 鳥羽 わら舟に火、海に流す 無事祈り「のっと正月」
  2. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  3. isesinbun 鳥羽 地元の魚や野菜を奉納 伊射波神社で「明神祭」
  4. 三重・志摩で「汗かき地蔵」に祈願
  5. 大漁祈りワッハッハッ 浜島の恵比寿神社で神事
  6. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」
  7. 天狗のしぐさに歓声 玉城で獅子舞神事
  8. isesinbun 三重県志摩市 あす伊勢雑宮で御田植祭 迫間地区で役人ら大訓式

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com