伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

「伊勢まぐろ」使って飲食業者にアピール鳥羽で説明・試食会

鳥羽市観光協会や同市の料飲組合らでつくる
食の魅力開発事業実行委員会は十二日、
南伊勢町で養殖するクロマグロ「伊勢まぐろ」の
商品説明会を同市大明東町の商工会議所会館で開いた。
市内宿泊施設や飲食店の関係者ら約七十人が参加し、
赤身とトロを使ったすしを試食した。
地域食材の一つとして普及させようと企画。
観光協会の吉川勝也会長は「鳥羽の食の魅力の一つとして
伊勢まぐろへの理解を深めてほしい」とあいさつ。
養殖会社「ブルーフィン三重」の有竹等社長が
「伊勢まぐろは臭みがない」などと商品の魅力や養殖法、
名前の由来を説明した。
続いて、市内で「伊勢まぐろ」を取り扱うパール食品店(大明東町)の
藤原勝幸社長が小売価格や発注について話した。
参加者は、実行委が用意したすしを試食し、
価格や仕入れ時期など関係者に質問していた。
同市相差町などで宿泊施設を経営する上村浩一社長(62)は
「赤身もすごくおいしかった。
ネーミングも良く、地元の食材として魅力がある。
ぜひ使ってみたい」と話した。
有竹社長によると、昨年九月に出荷が始まった「伊勢まぐろ」は、
関西や中京圏を中心に全国へ出荷している。
「これを機に、鳥羽を訪れた観光客に料理を通して
伊勢まぐろの味を知ってほしい」と話していた。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. ミエマン醤油・西村商店の「伊勢古里屋の伊勢うどん」
  2. 鯖塩辛の製造方法
  3. レストラン「葉っぱがシェフ」平山さんボラの身熟成させ生ハム
  4. 甘夏ミカンのジャム開発 三重県尾鷲市・モクモクしお学舎
  5. ふるさと特産品通販「尾鷲まるごとヤーヤ便」受付6月30日まで
  6. 招き猫専門店「吉兆招福亭」in おかげ横丁
  7. 豊栄名物!! 豚バラ味噌セット
  8. 大内山牛乳の特約店・松田商店

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP