伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

三重県漁連 「伊勢まぐろ」初出荷へ 養殖魚、お披露目

三重県漁連(永富洋一会長)は十四日夜、津市大門の津市センターパレスホールで、
平成二十三年四月に県内漁協と立ち上げたクロマグロ養殖会社「ブルーフィン三重」
(南伊勢町河内、有竹等社長)が初出荷する「伊勢まぐろ」のお披露目会を開き、
全国の市場関係者ら約百人が試食し、舌鼓を打った。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
【「伊勢まぐろ」の初出荷を祝って乾杯する関係者=
津市大門の津市センターパレスホールで】

二年以上たって出荷できるまでに育ち、PRと販売促進を狙った。
計画では事業費十億円で、毎年三万匹を直径五十メートル、深さ二十メートル以上の
円形いけす十八基で養殖する。いけすは現在、同町神前浦に十基ある。
熊野灘近海で稚魚となる体長二〇―三〇センチのヨコワを釣り上げ、ゴマサバや
イワシなど近海魚と粉末配合飼料のほか、専用船上で魚と粉末配合飼料などを混ぜた
餌を与えている。
製氷や海水冷却、冷凍の設備を持つ県漁連水産流通センターが同町神前浦にこの日完成し、
販売を担う。
永冨会長は、「見た目は小さいが、北限に近いため身が引き締まっている。
味で自慢していただきたい。ハイリスク、ハイリターンになるかどうかは市場関係者に
かかっている」と呼び掛け、「日本全国に知れ渡るような味をつくっていかなければ
いけない」と抱負を語った。
全国水産卸協会の伊藤裕康会長は伊勢まぐろの全身を前に、
「手のひらほどの稚魚をいけすに入れて二年。こんな立派なマグロに育った。
注目度は大変なもの」と期待し、「資源管理がますます厳しくなり、
マグロ漁獲量の削減措置も出ている中、商材が増えることはありがたい。
魂を込めて育成したマグロを大事に扱うことをお誓いする」とあいさつした。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重県志摩の漁師の味 てこね寿司が旨いっ!!
  2. 漬物の店「傳兵衛」in おかげ横丁
  3. 三重ブランド「あのりふぐ」の美味しい季節の到来!!
  4. 松阪牛が初の世界へ マカオに輸出45キロ
  5. 「ゲノム育種米」のコシヒカリ、志摩で早くも稲刈り-盆前の需要に間…
  6. 世界初の「伊勢うどん」の本-太くて柔らかい伊勢うどんを全国の人に…
  7. 「とばーがー」に4種が仲間入り
  8. 伊勢志摩の特産品展示会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP