伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

伊勢志摩の特産品展示会

地域の特産品を集めて、流通業関係者に売り込みを図る展示会が十三日に南伊勢町で、十四日に志摩市であった。海の幸や山の幸を扱う販売業者がブースを連ね、商品の売りや特長をPRした。

◆志摩市
志摩市商工会が「御食(みけ)つ国志摩ええもん研究会」と銘打って阿児町鵜方の市商工会館で開いた。
 海産物や真珠製品などを扱う二十八社が出展。中部地方を中心に約百二十人の仕入れ担当者が来場し、志摩の特産品の説明に耳を傾けた。
 洋菓子の店潮騒(阿児町鵜方)は海藻のアオサ入りのクッキーを並べた。えりすぐったアオサを仕入れ、釜で乾燥させて風味を良くし、粉末にして練り込んで仕上げてある。来場者は、試食しては口の中に広がる磯の香りを楽しんだ。
 カキなどの貝を養殖する田畑養殖場(阿児町鵜方)は、今春、市などが認定する「志摩ブランド」に加わった「華牡蠣(かき)」を出した。英虞(あご)湾で養殖した一年ものの生食用カキを、むき身にして一つずつパッケージした一品の知名度向上に努めた。

◆南伊勢町
南伊勢町内の農林水産物や加工食品の業者らでつくる南伊勢ブランド開発実行委員会が「地場産品展示会」として、五ケ所浦の町民文化会館で開催した。
 町内の食品販売業者らが十六のブースを連ね、計約八十点を出展した。二〇一一年四月に設立され、今秋にクロマグロの「伊勢まぐろ」を初出荷したブルーフィン三重(河内)も初参加。餌を工夫して、身の変色や臭みを抑えた刺し身や、肝臓、胃袋などのホルモンをPRした。
 かんきつ類や加工製品を販売する土実樹(つみき)(五ケ所浦)は、ジュースのほか、牛乳アレルギーがある子どもも食べられる豆乳を使ったミカンのアイスクリームを紹介した。
 出展者たちは、会場を訪れた約四十人に試食を勧め、セールスポイントなどを説明し、販路拡大に努めていた。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. <海さち山さち>三重県志摩市 アオサ 網の調整で輝く緑に
  2. 伊勢エビ千匹、究極の干物づくり 遷宮PRに企画
  3. 活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。
  4. 旭家酒素饅頭製造本舗
  5. 水に溶ける唐辛子 人気 「うれし野ラボ」が商品化
  6. 自然の味をそのままに♪ 山の恵みの原木乾しいたけ♪ ヤマザキ椎茸…
  7. 伊勢路の民芸品店「神路屋」in おかげ横丁
  8. 虎屋ういろ『ホワイトチョコういろ』を発売開始しました♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com