伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

養殖ガキ初出荷 鳥羽市浦村

三重県内最大の養殖ガキの産地、鳥羽市浦村町で二十五日、
今季のカキの出荷が始まった。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=中日新聞
養殖いかだから次々と船上に引き上げられ、
瞬く間にかごを埋めたカキ=鳥羽市浦村町の生浦湾で

来年三月末まで続く。地元業者でつくる浦村かき組合によると、
出荷量は殻付き換算で例年並みの四千五百~五千トンを見込む。
今季のカキの成育について、中村忠夫組合長(54)は
「夏場は水温が気温ほど上がらず、死ぬカキが少なかった。
少雨の影響もなく順調に育ち、実入りもいい」と話した。
町内の生浦(おうのうら)湾では、養殖いかだからつり下げた
ロープを業者が船上に引き上げ、付着する無数のカキを専用の機械に
かけてバリバリと豪快に外した。
続いて、沿岸の作業小屋に持ち込み、洗浄を経てむき身にした。
浦村では昭和初期からカキ養殖が始まり、生産量は県内全体の三分の二を占める。
栄養豊富な海で育てるため、一年で出荷に適した大きさとなり、
カキ独特の臭みがないとされる。
人気が高く、全国各地へ出荷している。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. ソマカツオの塩切り
  2. isesinbun 「百倍返しのおもてなし」 三重テラス、きょうオープン
  3. あこや本真珠養殖一筋、志摩の海が大好きな男の物語
  4. 天然トラフグあのりふぐが美味しい季節になりました
  5. 南伊勢町産の三大ブランドまぐろ使用のからすみ | やまきち商店(…
  6. 豪華すぎる干物作り 鳥羽、浜辺に伊勢エビ千匹
  7. <海さち山さち>三重県志摩市 アオサ 網の調整で輝く緑に
  8. 肉の喜多家 志摩あおさ豚の紹介(三重県志摩市浜島町)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com