伊勢志摩鳥羽のトピックス

すしにぴったり、新品種米「結びの神」PR

県内のすし店でつくるネットワーク「三重すし街道」が二十三日、県が開発して昨年売り出した白米「結びの神」のおいしさを県庁でアピールした。
「結びの神」は県農業研究所が十二年かけて開発した新品種で、鈴木英敬知事が名付けた。
現在、二十軒の農家が生産し、昨年十月から販売している。
発売して間もないため広く知ってもらおうと、すし街道に名を連ねる店の職人らがPRを買って出た。
代表の松田春喜さん(津市・東京大寿司(ずし))らが、ヒラメ、キス、タイなど地物の魚ですしを握った。
既に「結びの神」を店で提供している松田さんは「一粒一粒がしっかりしてすしに良く合う」と“太鼓判”。
今後、米の販売量が増えていけば、すし街道に加盟する店でも提供していきたいという。
すしを味わった石垣英一副知事は「結びの神はすしにぴったり。
式年遷宮の今年は県内外から多くの人がやってくる。
三重ブランドして県も力を入れて売っていきたい」と意気込んだ。
すし街道は、県内三十三の名店が参加。
連携して、すしの魅力を知ってもらう活動を続けている。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 光るキノコ観察しよう 6月21日、熊野少年自然の家
  2. 志摩の鳥人(故)松本高正さん写真展5月15日まで志摩市歴史民俗資…
  3. 県内3社共同でプリン開発 伊勢醤油使い香りとこく
  4. 景況感26期ぶりプラス 遷宮効果で売上増 津財務事務所、企業調査…
  5. 志摩で南勢書写研究会
  6. 「かんぽの宿 鳥羽」がリニューアルオープン 鳥羽湾の風を感じる「…
  7. 台風とエビフライと私
  8. 「新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる三重県への来県延期協力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com