伊勢志摩鳥羽のトピックス

すしの装飾や衛生管理に使用 ばらん作りを体験 鳥羽で修学旅行生

isesinbun

神奈川県川崎市立向丘中学校の修学旅行生三十九人が十二日、
三重県鳥羽市鳥羽一丁目の老舗すし屋「すし梅」を訪れ、店主の松井吉さん(86)から、
すしと一緒に皿の上に載せる植物「ばらん」の切り方を学んだ。
生徒たちは柳刃包丁を手に、「月見ばらん」の作り方を教わった。
食育の一環として、同校が三重県鳥羽市の民間事業者を通じて依頼して実現。
生徒たちは、人差し指を刃の背の部分に当て、なぞるように切り目を入れたりした。
続いて、ばらんの端を合わせると丸い満月のような「月見ばらん」が完成。
最後にすしと一緒に皿に盛り合わせた。
松井さんがばらんで鶴を奇麗に作ると、生徒たちは、「すごい」「職人芸だ」などの
声を上げて、拍手した。
三年生の樋上彩花さん(14)は、「見栄えよく作れた」と満足げだった。
松井さんによると、ばらんの役割はすしに対する装飾、防腐、消毒。冷蔵庫の普及や
医療の進歩とともに装飾用のビニールばらんが増えた中、
「職人は衛生面に責任を持つ」という信念から「手作りにこだわっている」と話した。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 屋形船に飲食店 鳥羽の企業が6月“出航”
  2. 三重県明和町 平安前期の建物復元へ 斎宮跡柳原区画で3棟
  3. 三ケ野いちご“復活” 台風12号被害乗り越え
  4. 志摩市商工会が海藻の「アカモク」に着目-未利用資源発掘し特産品開…
  5. 宮川のアユ漁法紹介 大台のNPO、HPに動画
  6. 志摩スペイン村に新ライドアトラクション-フラメンコショーも新たに…
  7. 水不足が温州ミカン直撃 著しい生育不良
  8. アシカの赤ちゃん誕生 鳥羽水族館

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com