伊勢志摩鳥羽のトピックス

カツオの燻製加工始まる 尾鷲、不漁でも味は太鼓判


いぶした生節の骨抜き作業に追われる大瀬さん=尾鷲市中井町で
写真=中日新聞

三重県尾鷲市内で水揚げされたカツオを「生節」と呼ばれる薫製に加工する作業が始まった。同市中井町の老舗水産加工品店「大瀬勇商店」の作業場では、いぶしたカツオの香ばしい香りが漂っている。
生節は尾鷲市など熊野灘沿岸の伝統食。カツオを三枚におろして釜でゆで、せいろに載せてウバメガシや桜の煙でいぶして作る。しょうがじょうゆやマヨネーズをつけて味わうとおいしいという。
作業は例年、初ガツオの水揚げが始まる四月から、戻りガツオの季節である九月ごろまで続けられる。今年は初ガツオの水揚げが極端に少なく、尾鷲港にまとまった水揚げのあった先週から、ようやく生節作りが始まった。
大瀬勇商店店主の大瀬勇人さん(54)は二十九日、今週水揚げした新鮮なカツオ百本を加工。桜の煙でいぶしたつややかなカツオの身を、丁寧に骨抜きして形を整えていった。
大瀬さんは「今年のカツオは脂の乗りが非常にいい。数は少ないが、例年以上においしい生節が作れそうです」と話していた。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 懐かしの映画の世界 看板職人が描く
  2. 二見興玉神社で大しめ縄張り替え
  3. パールブリッジ(志摩大橋)
  4. 伊勢市昨年観光統計 神宮参拝者1420万人 遷宮で最高、76.9…
  5. ムツの煮付け
  6. 「神さんま」が最優秀に 熊野の土産物コンクール
  7. 伊勢茶や鹿肉の「あめ」3種開発 「みえックスキャンディ」に決定
  8. いよいよ秋の好機到来 三重県南伊勢町・方座浦の磯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com