伊勢志摩鳥羽のトピックス

カラー魚拓リアルに 紀北の山本さん初個展


絵の具で彩色した魚拓を作っている山本さん=尾鷲市天満浦の天満荘で
写真=中日新聞

魚の姿を絵の具で和紙に転写する「カラー魚拓」に取り組む三重県紀北町引本浦の三重県漁連職員山本貴也さん(27)が、初めての個展を三重県尾鷲市天満浦の古民家「天満荘」で開いている。「一見変わったカラー魚拓の楽しさや奥深さを知ってほしい」と来場を呼び掛けている。十四日まで。入場無料。
 カラー魚拓は、墨ではなくアクリル絵の具を魚に塗り、和紙で写し取る。魚の形だけではなく色も再現するのが特徴で、近年愛好者が増えている。
 山本さんは南伊勢町阿曽浦出身。親が養殖業を営んでいたこともあり、子どものころから魚釣りが好きだったという。高校卒業後、墨ではなく水彩絵の具で魚拓を仕立てる技法を知り、趣味で始めるようになった。
 会場にはブダイやマダイ、グレ、タコなど、山本さんが釣った魚を写し取った八点を展示。魚の目玉以外は一切の加筆修正をしておらず、細かなうろこの模様や尾びれなどを忠実に再現している。
 魚に塗ったアクリル絵の具は乾くのが早いため、着色してから三十分以内に写し取らなければならない。魚を乾かす間に絵の具を混ぜて着色する色を作り、素早く塗って和紙を押し当てるという。
 山本さんは「記録用に写し取る本来の魚拓とは違い、芸術性も必要なのがカラー魚拓。魚の色を短い時間で再現して、見た目を美しく仕上げられるかに腐心した」と話す。
 六日午後一時半から、天満荘で山本さんによるカラー魚拓の実演がある。個展は天満荘のカフェが営業している金、土、日、月曜の午前十時~午後四時に観賞できる。問い合わせは天満荘=電0597(22)7880=へ。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 松阪競輪存続求め署名活動 選手会三重支部
  2. 雨の中「浜参宮」始まる 伊勢神宮の式年遷宮
  3. 御浜町 イヌマキの下で祭り カラオケや餅まきに500人
  4. 伊勢は迎える:2013式年遷宮 前山の青年団員、滝つぼで寒禊 /…
  5. 待望のカツオ水揚げ 紀伊長島
  6. 夏至の海入り明らむ空拝む 夫婦岩でみそぎ
  7. 小説 伊勢の的矢の日和山
  8. 「あおさアイス」食べてみて 三重県 志摩高生が考案

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    タイトルが気になったので拝見させて頂きました。
    見やすくてすごくいいブログですね!
    また覗きに来ますね(゚ー゚)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP