伊勢志摩鳥羽のトピックス

三重県内関係者「死活問題だ」 ニホンウナギ、絶滅危惧種に


手軽な料金が人気の津市のうなぎ。取引規制がかかった場合の影響を関係者は注視している=津市東丸之内の「つたや」で
写真=中日新聞

国際自然保護連合(IUCN)が12日に発表したレッドリストの最新版で、絶滅危惧種に指定されたニホンウナギ。指定をきっかけに今後、取引が規制される可能性があり、全国有数の消費地である津市を中心に、県内の関係者からも「死活問題だ」と不安の声が上がっている。
 二十数店のうなぎ専門店が集まる津市。二〇〇五年に一世帯当たりのうなぎ消費額が五千五百三十四円で全国一位となるなど、ご当地グルメとして人気が高い。店によっては並みサイズの丼が千円台前半で食べられる手頃さが魅力だ。しかし、「規制がかかれば、従来の安さを保つのはもう無理」と、専門店の一つ「はし家」の上原正広社長(56)はこぼす。
 店では愛知県三河地方の「一色ウナギ」を中心に仕入れている。漁獲量の減少で四~五年前に比べ、仕入れ値は三倍に上昇。それでも、経営努力で値上げはなるべく抑えてきた。「津のうなぎは家族そろって食べに行ける手頃さで愛されてきた。これ以上値上げすると、手が届かなくなる」
 養殖業者にも悩みは広がる。伊勢市の養殖会社「西養鰻(ようまん)」の西達男社長(65)は「輸入量が規制されると、毎年の出荷量が読めなくなる」と話す。
 四十一年前の創業時は国産の稚魚だけで賄っていたが、漁獲量が減り、台湾を中心とした輸入稚魚に頼らざるを得なくなった。今年育てているウナギは国産との比率が半々だが、昨年は不漁の影響で、育てた稚魚のほとんどが輸入品だった。
 かつては静岡、愛知と並ぶウナギの一大生産地だった三重県。一九七〇年代に千四百トンあった年間生産量は二〇一二年度には三百二十トンまで落ち込み、業者も数軒が残るのみ。
 県内では、ウナギの漁業権を持つ漁協が産卵期の親ウナギの捕獲を自主的に制限するなど保護に向けた取り組みをしている。県水産資源課の担当者は「国の動向を見ながら、保護に向けた対策が県でもできるか考えていきたい」と話している。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 女性目線でまちづくり―相差女将ちどり会(1) 発足
  2. アイゴの干物
  3. 定置網にミンククジラ 紀宝・鵜殿港に3年ぶり水揚げ
  4. 鳥羽の海女小屋を見学 マレーシアの旅行会社社員
  5. 桃子、急性腸炎で欠場…比嘉「タナボタ」切符に意気込み
  6. 超豪華、真珠のヘビ 鳥羽・ミキモト真珠島で展示
  7. 志摩市民の「恋チュン」撮影進む 4月配信
  8. 比嘉 伊勢神宮にパワーもらった Vで米ツアー切符獲る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com