伊勢志摩鳥羽のトピックス

三重県尾鷲市への「ふるさと納税」急増 ヤーヤ便が奏功


1万円以上寄付すると贈られる「ヤーヤ便」1便分の商品=尾鷲市向井の夢古道おわせで
写真=中日新聞

居住地以外の好きな自治体に寄付すると所得税や住民税が減額される「ふるさと納税」制度で、尾鷲市への本年度の寄付が急増している。今月16日現在、482件で金額は昨年度より365万円上回る1015万円となった。返礼に贈る地元特産品を充実させたのが功を奏した形だ。
 尾鷲市の二〇〇八~一二年度の五年間のふるさと納税は四十二件、五百十九万円だった。伸び悩む寄付を増やそうと、一二年度途中から、年四回に分けて地元特産品を発送する市などによる通信販売事業「ヤーヤ便」のうち一便を、寄付者に届ける特典を開始。寄付の時期に応じて、刺し身セットやサンマずしなど旬の海産物や野菜を贈り、昨年度は四百八十八件、六百五十万円の寄付があった。
 本年度からさらに拡充し、寄付額が一万~一万九千九百九十九円はヤーヤ便のうち一便、二万~二万九千九百九十九円は二便贈るなど、寄付金額に応じて返礼品を豪華にした。寄付希望者にアピールするため、ふるさと納税を紹介する民間ポータルサイトに情報を掲載した。納税手続きの簡素化にと十月からクレジットカードによる決済も可能にする。
 現在のペースで寄付が続けば、本年度の件数は二千件以上になる。市は急増する寄付件数に対応するため、市議会六月定例会に提案した一般会計補正予算案に、返礼品の発送費など二千七百七十三万円を計上している。
 市長公室の北村琢磨室長(48)は「ふるさと納税の急増はヤーヤ便を通して尾鷲の魅力を発信してきたことが大きい。今後も尾鷲のファンや来訪客を増やすため、引き続き返礼品の工夫や発信の強化に努めたい」と話している。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「ど根性ビワ」今年も豊作 三重県尾鷲市、すき間3センチから幹
  2. 塚穴古墳:国造級か 志摩市教委調査、石室から副葬品多数 来月10…
  3. 伊勢のスーパー・ぎゅーとらのマスコットが地域に密着
  4. 伊勢の突風は「竜巻」 津地方気象台が推定 藤田スケールで「F0」…
  5. 熊野の風景 和紙に 伊勢で篠原さん写真展
  6. 開いた千両箱から大判小判ざっくざく 松阪の旧長谷川邸
  7. 寄せ書きされた日章旗 大台で発見
  8. まつたけ、伊勢エビ、カニ…豪華すぎる今ドキ給食事情

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com