伊勢志摩鳥羽のトピックス

人なら100歳超 最高齢ラッコ大往生 鳥羽水族館のポテト


写真=伊勢新聞
【昨年9月、大好物のイセエビを頬張るポテト(鳥羽水族館提供)】

三重県鳥羽市の鳥羽水族館は十九日、日本最高齢のラッコ、雌のポテト(推定二十五歳)が十八日の午後七時三分、老衰のため死亡したと発表した。ラッコの寿命は十五―二十年と言われ、人間の年齢で百歳を過ぎたと考えられるポテトは大往生を遂げた。

 ポテトはアラスカで捕獲された野生のラッコで、平成五年五月に北海道の登別マリンパークニクスに入館、同年十一月に東京のサンシャイン水族館に移り、翌年五月十三日から十九年十一カ月を鳥羽水族館で過ごした。

 平成十六年には雌のメイを出産。数年前からは長寿を祝い、敬老の日に大好物の伊勢エビがプレゼントされ、おなかの上でおいしそうに食べていた。

 ポテトの体調が変化したのは、今月。筋力の低下とともに毛繕いがうまくできずに体がぬれて体温が低下し、体重が減少。十四日には摂餌量が減り、十八日の午後からバックヤードに移して飼育員が様子を見守る中、永眠した。

 飼育研究部の石原良浩次長(52)は「ラッコの飼育レベルを上げるためポテトと一緒に試行錯誤をしながら乗り越えてきました。ポテトに感謝し、教えてくれたことをこれからの飼育に最大限生かしていきたい」とコメントした。

 同館で飼育するラッコはポテトの娘に当たる雌のメイ(九歳)だけとなった。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩に高さ13メートルのツリー登場-10万球のLEDの光で街を元…
  2. 三重県、鳥羽 古木フジ、満開 車椅子通れる遊歩道整備
  3. 「ど根性ビワ」今年も豊作 三重県尾鷲市、すき間3センチから幹
  4. 「国史跡斎宮跡 平安絵巻 プロジェクションマッピング2022」を…
  5. 伊勢の大塚隆さんがエッセー「野人の食卓」出版-自給自足・食材調達…
  6. 役場職員の制服に「みいと織り」ー三井財閥の基となった松阪木綿の生…
  7. 「カエルのカンピンタン」って? 皇学館大で研究発表
  8. 【いよいよシーズン到来!伊勢志摩の伊勢えび漁が今年も10月から解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com