伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢のスーパー・ぎゅーとらのマスコットが地域に密着

秋から春にかけての半年間、伊勢志摩地域の幼稚園を中心に

「踊るトラ」が出没している。

その正体は食品スーパー「ぎゅーとら」(本社伊勢市)のマスコットキャラクター。

園児と踊ったり、食育クイズで楽しませたりと、店の外で地域に密着した活動を

展開する同社の“重役”に迫った。
 

今月十六日、伊勢市小俣町本町の小俣幼稚園。

三~五歳児約百五十人が「とら吉くーん」と声をそろえると、

三匹の着ぐるみのトラがさっそうと登場した。

慣れた動きでポーズを決める姿は、テーマパークのキャラクターそのもの。

園児の心をしっかりとつかんでいた。
 

とら吉くんは一九八二(昭和五十七)年から店の看板キャラクターとして活躍。

その六年後には息子のトライくんが誕生し、二〇〇六年にはトライくんの恋人の

ラブちゃんも加わった。

〇四年以降は着ぐるみが作られ、店外での活動に精を出すようになった。
 

幼稚園の訪問活動は同社のCS(カスタマー・サティスファクション=顧客満足)活動の一環。

毎年十月下旬~翌年三月中旬に、店舗を置く津市南部から南伊勢町までの中南勢地域の

幼稚園や保育所を約五十カ所も巡る。
 

期間中、トラ吉くんたちの“秘書”のように出張へと付いて回るCS推進課長の

大西貞夫さん(46)は「地域への感謝を届けたいのと、

食育にも貢献したい」と活動の根底にある思いを語る。
 

活動には専属の社員やパート従業員のほか、毎年の採用内定者も参加。

本格的なダンスを披露するため、担当者は鏡の前で業務として必死で振り付けを練習する。

キャラクターが踊る曲は、音楽が趣味という清水秀隆社長(53)が自ら作詞作曲を

手掛けている。
 地域のスポーツイベントに登場すれば、

多くの参加者から写真撮影をせがまれる人気ぶり。

この二十年間で伊勢市外に次々と店舗展開をしている会社と同様に、

三匹のトラもじわじわと認知度を高めている。
 

大西さんは「少子高齢化が進む今後は、年配の世代にも喜んでもらえることを

していきたい」と活動の次の展開を見据える。

子どもたちに愛嬌(あいきょう)を振りまくとら吉くん。

実は虎視眈々(たんたん)とさらなる飛躍の機会をうかがっているのかもしれない。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20130122/CK2013012202000017.html

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 皇太子ご一家、伊勢神宮を参拝 愛子さまは初めて、式年遷宮受け
  2. 南伊勢町イルミネーション
  3. 大紀でチューリップ見頃 12、13日祭り
  4. 二見興玉神社 夫婦岩の大しめ縄切れる 参道の柵も破損
  5. 伊勢で無病息災願い御頭神事
  6. 海の博物館が三重県内の現役海女数を調査
  7. 鳥羽志摩の國・民俗歳時記
  8. 2014年度御座白浜シーサイドフェスティバル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com